狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命あっての物種ですな


またすっかり更新をサボっておりましたが、
約2週間ほど前にフネを出しております。


が、この日はしょっぱなから体調が悪く、
出港してすぐ (近場&日帰り) に決定。

ということで木更津。
近くていいね。

空いてていいね。
あっという間に到着。


午前中の早い時間に木更津に来るのはまれ。
ですので新規開拓を兼ねて
「駅近で昼間やってる店」
を徹底的に調査してみることにしました。


・・・ご存知の方はご存知の通り
人もまばらな昼の木更津ですが、
歩いてみるとランチやってる店は20軒以上。
ちょっと驚きましたねえ。

そんな中から小洒落た店を発見。
なんの店だか分からない。

洋食屋らしい。
「OPEN」 とあります。

人間として洗練され、
何をとっても小洒落たわたくし向けの店と判断して
入ってみることにしましたよ。
(意見には個人差があるかもしれません)

結論から言いますと、
大正解でした。この店。
「洋食とワイン」
という肩書きでしたが、
品数豊富で値段も安い。
「それをつまみに酒を飲め」
というスタンスも素晴らしい。
新規開拓はしてみるものです。


アジフライ
中々のものでした。

ドイツの盛り合わせ的な何か
数名いないと無理。

オムレツ
ソースも甲。

何とか牛のステーキ
量も多い。
良さげなメニューが沢山ありましたので、
また行かねばなりません。



結局体調不良をすっかり忘れ、
ランチタイムの閉店間際まで散々飲み食い。

そしていつもの八剱八幡神社でお参り。
海上安全。
店が通しでやっていたら
泊まりになっていたのは間違いありません。



まあそんなところですかね。
(面倒くさくなってきた)




洋食とワイン ブッフルージュ
TEL 0438-53-7171
住所 千葉県木更津市大和1-8-3 原ビル1F
営業時間 11:30~14:00 16:00~0:00
定休日 月曜日

※10月末にオープンしたばかりだそうです。







関連記事
帰りは結構寒かった


どうも。

慢性不眠症改め、
毎日15時間以上寝ても眠い者です。
そのうち脱皮するかもしれません。
ゴーリキショーライ。


タイクーン( よこはま・しんやました海の駅)が5月に閉店し、
夏場は肉フェスかなんかやってたようですが・・・

中身はどうでもよい。
11月3日より期間限定で
「かき小屋OPEN!」
との情報を入手し早速行ってみました。

元々タイクーンの昼営業は土日のみ。
あまり訪れる機会がありませんでしたが、
このかき小屋は平日も11時から通しでやっているようです。
近くに遊び場(呑み処)が増えるのは喜ばしい事ですな。

まあまあの天気。
三枚洲から葛西臨海公園方面。


未だに分からない。
途中にあるシーバース。


静かでした。
ベイブリッジを通過し、

真下から撮りたかった。


横浜市街を眺め、
都会。


無事到着。桟橋の上にテントが見えます。
近くていいね。


中はこんな。
寒くはなさそう。


そしてキーカー。
焼くのが面倒くさい。

面倒なのでまかせた。
うかれる「牡蠣を焼く係」の人。

肉も食いましたよ。肉。
肉が一番うまかった。
散々食ってワインを2本ほど空け、
予定通りこの日のうちに帰港しました。
江戸川に入る頃には真っ暗でしたけどね。




・・・わたくしは知らなかったんですが、
広島湾には「キングギーガ」なる巨大怪獣が生息するとのこと。
なんだこりゃ。
牛を食べるそうです。




それではまた。






ひろしま元祖 ミルキー鉄男のかき小屋 byTYCOON
TEL 090-5690-0088
住所 神奈川県横浜市中区新山下3-4-17
営業時間 平日11:00~22:00
       金・土・祝日前夜 11:00~23:00
定休日 不定休






関連記事
2匹合わせて12人分


どうも。

寄生虫を駆除する係の者です。
何年もかけて、
(あと1匹・・・。)
というところまで来たんですが
油断していたらもう1匹増えてしまいました。
全ての寄生虫には
「自己都合が最優先」
という共通の特徴があり、
その為の虚言・妄言は当たり前。
他人を貶める事も厭いません。
当然、道理や常識も解さないので大変厄介です。
(そもそも言葉が通じない)


ということでラーメン。

大分前だなあ。


ほうれんそうマシ。もうやらない。


タンメン。ブームは一過性。


ちんまんけん。


期間限定伊勢味噌。

自宅での断酒は継続中です。
何故かラーメン(カップ麺も含めて)に全く興味がなくなり、
米ばかり食ってますよ。米。
そういえば、「おコメ」って、
「オメコ」みたいですよね。

それではまた。






関連記事
続き


給油と昼メシで予定どおり波浮へ入港。
モチロン新島と大島の間には魚など1匹もおりません。

天気最高。


ちょいと早めに着いたので、
西川(港鮨)の開店まで港屋旅館へ。
ここが素晴らしいのは、
いつ行っても人がひとりもいないところです。
3?4度目かしら。

ズラよ。  遠い目。

宴。

売春婦。 

どう見ても盗賊。
スイッチを入れると動き出す人たちもいます。
一応、動画で撮りましたが震え上がる恐ろしさです。
教育的な内容を第一義とする道徳ブログですので、
ちびっこファンに配慮して掲載を取りやめましたよ。

※このブログの読者イメージ図
間違いない。




そして西川へ。
久々。


泊まりではないので、
のんびり呑んでいる訳にもいきません。
ということでこの日は、
安定の西川。
地魚にぎり。

うまい。
べっこう。

ふふふ。
「お店からです」といただいた伊勢海老味噌汁。まさに人徳。


大変に良い心もちで店を出て、
帰りのつまみに鵜飼商店でコロッケ3つ。
カレーコロッケにしました。

冬か?
あとは一路湾奥を目指すのみです。



今年はあんまり遠出していないんですよね。
まだ11月半ばですが、
公私共に厄介な1年でしたよ。色んな意味で。
まあ年末から来年にかけて、
新しい展開があるかもしれません。


風の塔と夕日
中々良いではないですか。
撮影:あさミさん




翌週もフネを出しております。
多分すぐ書きます(予定)。





関連記事
くさや三昧


どうも。

特保のお茶と市販の薬(あとシジミ)で
ささやかな延命を図っている者です。

1ヶ月近くの断酒という偉業もなしとげましたが、
フネを出すとなると飲まないわけにはいきません。
何故なら「民意」がそれを許さないからです。


ということで先乗りで味楽苑へ。
匂いでメシ食える。
久々の味楽苑(と酒)だったので、
自分でも信じられないくらい飲み食いしましたよ。
調子にのってスナックへ行こうとしましたが
あさミさんに止められ大人しくフネで眠りにつきました・・・。


そしてマリーナの朝。
気持ちの良い朝。
満を持しての出航となります。

例によって行く先を決めずにマリーナを出て
風の塔 → 第一海堡 → 浦賀水道の4番立標・・・
大体この3ヶ所が目的地決定のポイントなんですが、
この日はギリギリ(2番立標)まで迷って
(よし、波浮へ行こう。)
と決め、船首を伊豆大島へ。


・・・ところが海況があまりにも良かったもんですから
更に予定変更。大島を華麗に通り過ぎ、
ここは荒れてた。
利島。


荒れてた。
鵜渡根島。


バシャバシャ。
そして新島へ入港。


余裕の到着でたっぷりと市中見回り。
開店を待って「健寿司」へ向かいました。
やる気なし。
相変わらず看板も暖簾も出ておりません。

ところがこの日は貸切とのこと。
「新規開拓のチャンス」と気持ちを切り替え、
入ったのはこちら。
偽りの提灯。
新島に「島料理」が少ないのか、この店のメニューが少ないのか、
いずれにしても「島料理」に期待して入店するとガッカリします。

とはいえ、クサヤの種類は驚くほど豊富。
まずは定番の青ムロを注文してから、

さんまのクサヤ。
確かにクサヤ。


こちらは鮫。
マヨネーズが合います。
他にも色々ありました。


タタキのてんぷら。
これはおいしかった。
青ムロなどの魚を調味料と和えてすり身にしたものを
島では「タタキ」というそうですが、
これはそのタタキを油で揚げたもの。


結構長い時間をかけて盛若を1本空け、
調子にのってスナックへ行こうとしましたが
あさミさんに止められ大人しくフネで眠りにつきました・・・。


そして新島の朝。
シケてた。
日の出と共に出撃です。


面倒くさくなってきたので次号に続く。




鳥勝
TEL 04992-5-1032
住所 東京都新島村本村1-7-10
営業時間 17:00~22:00
定休日 木曜日





関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。