狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勿論ストレスは解消しました(その1)





久しぶりの出航。
長かったストレスを解消する為には、
チョイ乗りという訳にはいきません。

(そういえば新島に旨い寿司屋があるとか・・・・。)

ということで、今回の目的地は新島に決定。
風さえ吹かなきゃ梅雨前線など知ったこっちゃありません。
イヤになるくらい船を乗り回したいのです。
(視界が悪いのには往生しましたが。)

梅雨は死ね。
曇天。


天気のせいか、釣り船もあまり出ていないようです。
根性無しめが。
浦安付近。




浦賀の2番浮標を過ぎ、まずは伊豆大島へと針路をとります。
今回は、“潮が速くて年中嫌な波がたつ”
と言われている鵜利根島と利島を避け、大島を西から廻る事に。

いい地図なかった。

大島を越えると、うねりも外洋のソレになります。
利島のあたりから不快な波を横から受けるようになり、
三角波もたっております。ちょいと緊張。
降ったりやんだりの雨がさらに追い打ちをかけ、
あるはずの島影も全く見えません。

♪波の谷間に~命の花が~♪
というフレーズが頭の中では何度も繰り返し。
(ただし口ずさんでいたのは無錫旅情。)



なんとか無事到着。
御苦労。
外来のボート・ヨット専用の岸壁。しかもタダ。


「島は高いよ。」
と燃料屋が自ら言うくらい高かったので、
必要最低限の燃料だけ補給。
一息ついてから近くの温泉へ向かいました。

下調べ済み。
海に突き出したこの露天温泉、
こちらもなんとタダですよ。


晴れてりゃもっと良かったハズ。
人がいなくて最高。
水着着用とのこと。


通称パルテノン神殿。
またチャレンジ。
こちらはオンシーズンのみとのこと。
お湯が抜かれていました。残念。


温泉を出た後も、夜まではまだまだ時間があります。
当然いつもの市中見廻りに。


つづく。



湯の浜露天温泉
住所 東京都新島村本村
電話 04992-5-0240(新島村産業観光課)
営業時間 24時間
定休日‎: 無休(ポンプ交換時等臨時休業あり)








関連記事

この記事に対するコメント

いやーうpされるの待ってました!
さすが元プロの船乗り 余計なコメを呟いた自分が恥ずかしい・・・
経験に裏打ちされた行動力 尊敬。
しかしあの状況で 『君の知らない~ 異国の街で~♪』 は 私には出てきません・・・ 
【2010/07/08 18:22】 URL | burnett #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> burnettさん
いや、そんなたいそうなものじゃないんですよ。
今回もバチが当たりましたし・・・・。

【2010/07/09 13:04】 URL | lukidog #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lukidog.blog75.fc2.com/tb.php/774-2cd808b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。