狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上の暖かさでした(その3)



5時過ぎに起床。
さわやかな朝です。
日の出にあわせて出航。



大島の朝。
ごらいこう。



西回りに大島をグルッと一周しながらルアーを流してみます。
まだまだ水温が低いので期待はしていませんが、
もしかしたら何かが食うかもしれません。




1時間経過。
2時間経過。
食いません。

しかも予報に反して波が高くなってきましたよ。
(妙だな・・・)

どうもこの辺は風とは関係なく、
潮の影響で波が立つようです。
回転も上げれませんのでそのまま流し続けます。
(島から離れりゃおさまるだろ。)
流しながら東京湾内を目指します。


ところが・・・

食わねえ・・・。


3時間経過。
4時間経過。
5時間経過・・・。

おさまりません。
魚も食いません。
館山の洲ノ崎を越えた頃には6時間経過。
そろそろ竿をしまってスピードを上げようと思ったんですが・・・
(なんだ?こりゃ??)

いつまでたっても波がおさまりません。
最初はガバナーで調整しながら走ってたんですが、
面倒くさくて疲れます。
(急ぐ旅でもないしな・・・。)


結局、金谷を過ぎて浦賀水道(本船航路)の入り口のあたりまで
1500回転位(6~7ノット)でどんぶらこ。
その後、富津岬を越え湾内に入るとピタッと波がおさまりました。
鏡面のように穏やかになり、まるで湖を滑走しているようです。




最終的には9時間半もかかりましたが、無事帰港。
場所やら風やら潮やらで、その表情を全く変える海。
予報もアテにはなりません。

(やっぱり船はオモシレー。)
魚も釣れず、背中も痛めましたが満足感いっぱい。
早く来週来ないかな。








関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lukidog.blog75.fc2.com/tb.php/629-ddfe32b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。