狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突っ込みどころ満載の記事



《以下原文のまま》


船が沈み、頭に子犬9匹を乗せて荒れる海を泳いだ女性


海難事故に遭遇したら、それだけでパニックとなります。ましてや海が荒れていたなら、自分の命の安全を確保するだけで精いっぱいでしょう。
ギリシャでヨットが座礁してしまい、5mもの高い波の中を75mほど泳ぎ切って助かった女性がいました。
しかも子犬を9匹も頭に載せていたと言うのです。
ローラ・ヒューズさん28歳は、ギリシャの海岸沿いで小さなヨットに乗っていたところ、ひどい強風に煽られました。
彼女は今年の1月に修士課程を修了し、夏はセーリングをして過ごしていました。犬を二匹連れていたのですが、旅の途中で9匹の子犬を産んだため、計11匹となっていたそうです。
ロープのひとつがエンジンに巻きついてエンジンが止まってしまい、なすすべもなく沖へ沖へと流されて行ったのです。
悪天候の中、ヨットのコントロールをなんとか取ろうとしましたが、他の船に衝突することを恐れて、無線から助けを求めました。
ギリシャのボートが救助にやってきたものの、救助するのに1万ユーロ(約130万円)を要求してきたそうです。
ヒューズさんはそれだけの金を持っておらず、もうじき沈むかと言う段階で船を捨て、岸までの75mを泳ぐよりほかに選択の余地はありませんでした。
そしてライフジャケットを装着し、頭には子犬を載せて、海に飛び込み泳ぎ始めたのです。
二匹の親犬たちは自分で泳ぎ始めました。岸にようやく到着したとき、ドイツ人の観光者たちによって助けられたようです。
救助に子犬を抱えて荒れる波の中を泳いだことにも感心しますが、救助に向かいながら支払えない場合は救助をしないという、徹底したドライな対応にも驚きます。
とにかく無事でなによりですね。





どうやって頭に・・・
狂仔犬。
うちの子になるかい?




ローラ・ヒューズさん。
つわもの。
5mの波って・・・根性あるね。





んー・・・・
海の世界で、“金払わなきゃ助けない”なんて聞いたことがない。
『あらゆる船員は報償の期待無しに危機にある他人の生命を救う義務がある』
と教わった記憶が・・・・。
法律で決められているハズなんだけど。確か。
仮に法律とかじゃなくてもねえ。

本当の話なら、ギリシャ人恐るべし。






※ ヨットはエンジンがダメになっても問題はないし、
  “沖に流されて座礁”とか、記事そのものがよく分かりません。









関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lukidog.blog75.fc2.com/tb.php/510-0772b868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。