狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく懲りた男



目覚めると外は雪。積もっております。
(降るとは言ってたけど、なんだこりゃ。)
風をチェックすると、
どこもかしこも10数メートル以上。

・・・何をどう判断したんでしょうか。
ただでさえ三崎では危ない思いをしているというのに。
酔っていた訳ではないんですけどね。

港を出て気がつきます。
大丈夫じゃなかった。

降雪の為、全く何も見えません。
しばらく進むと、転針困難な大波の連続。
すでに戻る事もできません。
(オレはアホなのか・・・。)
学習能力が無いのは間違いありません。

何が怖いかって、波が見えないんですよ。
雪のせいで全てが真っ白。
舵を切り間違えたら転覆しかねない状況です。
(これは・・・修行どころじゃないな。)

何故かレーダーも作動しなくなりました。
本船の行きかう千葉側への横断は断念し、
浦賀水道に沿って神奈川ルートを北上。
波はますます大きくなってきます。
(死ぬかもしれん。)
初めてライフジャケットを身に付けます。


5ノット前後で延々と舵を切り続けました。
東京湾内に入ると若干視界は回復しましたが、
いつもの数倍の三角波の洗礼。
結局、旧江戸川に入るまでの8時間、
タバコ1本吸う余裕すらありませんでした。
本当に疲れましたよ・・・。

状況判断のミスは完全に自己責任。
他の人に迷惑をかけたり事件沙汰にならなかったのが、
せめてもの幸いです。
しかし・・・今、思い出しても震えがくるあの状況、
しばらくはトラウマになるかもしれません。
(スキルアップしたのも間違いないですけどね。)




もう二度と雪の日にフネは出しません。









関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lukidog.blog75.fc2.com/tb.php/1229-105696e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。