狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとFB操船の季節が来た


飲みすぎて、
あまり爽やかではない朝を迎えます。
が、空は快晴。
昨日の悪天候が嘘のようです。
(まっすぐ帰るのは勿体ないな・・。)

かといって遠出するほどの気力はありません。
ということで・・・

より大きな地図で 2012/03/29 10:45 木更津→YBM を表示

横浜ベイサイドマリーナ到着。
海も静か。
ポイントカードを見ると、
昨年は1度も来ておりません。

こちらも久々。
結構おいしい。

早速、紹興酒を温めてもらい、
意外と入ってた。

つまみは春巻き。
ジュレのようなものが入ってる。

そして酢豚(黒酢酢豚もあります)。
赤い!
フカヒレあんかけ麺も食べました。


余裕を持って、明るいうちに無事帰港。
やっぱりフネ遊びは堪えられないなあ。



より大きな地図で 2012/03/29 14:49 YBM→帰港 を表示


LONG
住所 神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
横浜ベイサイド シーポートレストランツ 1F
電話 045-770-5239
営業時間 11:30~15:00 17:30~21:30
定休日 不定休







関連記事
スポンサーサイト
楽しい夜



フネに戻って、キャビンで貝祭り。
うまい!
木更津港の目の前にある厚生水産(活き活き亭)で、
これをやる為に前もって買っておく用意の良さ。
蛤と青柳だけですが、心豊かな宴です。

そして・・・貝の無くなる頃には完全な酔っ払い。
調子がでてきたので、夜の木更津へ繰り出しました。


昼は閑散としておりますが、
夜になるとその表情を全く変える面白い街。
興味深いお店が数多く点在します。

そんな中から、入ったのはこちら。
歌も歌った。
“ある筋”から紹介されました。
芸者さんがやっているお店とのこと。
木更津にはまだ10名ほどの芸妓がいるそうです。

着物姿の芸者さん達とすっかり意気投合し、
気付いた時には3時半。
まだ若い。
名刺の他に千社札も貰いました。
その他、海苔などのお土産も多数いただきました。


また行かねばなりません。










関連記事
風情もあります



中橋食堂をあきらめ、
新規開拓の為に市中見廻り。
どこの店もシャッターが降りています。
廃墟のような建築物が数多く放置されています。
歩く人もまばらです。
そんな市街を小一時間ほど歩き・・・

(あった!食堂。)
角地。
いい感じ。

どうしてもオムライスに目が行く。
きちんと掃除されている食品サンプルは珍しい。

店内も整然とし、清潔。
客はいない。
おばちゃん2人でやってました。

和・洋・中、何でもござれのウレシイ店。
何をつまみにするか大分悩みましたが・・・

豚肉の生姜焼き
肉厚い。

カキフライ
カキぷりぷり。
これに焼きそばでビールと日本酒を5合ほど飲り、
最後にラーメンも食べました。
どれも十分に満足のいくデキ。良店です。
残念ながら写真はないんですが、
特に焼きそばのウマさには目を見張りましたよ。
「食堂呑みにハズレなし」
いまのところ、間違いありません。

あたりが暗くなる頃、良い心もちで店を出ました。
(強風の中)フネに戻って飲み直しです。


木村屋食堂
TEL 0438-22-2786
住所 千葉県木更津市富士見2-1-6
営業時間 11:00~15:00 17:00~19:30頃
定休日 不定休(前日に店内に掲示とのこと)

※通しでやってました。
 あまり時間は関係ないようです。








関連記事
ありゃま



安くてウマくて飲める店、中橋食堂を再訪。
汚なシュラン1つ星。
ところが・・・・

中にババアはいた。
(閉店?そうなの!?)


またひとつ、
良店の灯が消えてしまったようです・・・。



中橋食堂
TEL 0438-23-5482
住所 千葉県木更津市中央1-2-17
営業時間 11:00~14:30 16:00~21:00
定休日 水曜日









関連記事
せっかく撮ったので



荒れ狂う前の木更津港の風景を載せておきましょう。
遠ーーーくから見たら外国に見えなくもない。

貝を買いに行きました。
全く意味はありません。








関連記事
学習しない男


知ってはいましたよ。
「2mのち2.5m うねりをともなう」っていう予報。
でもそのぐらいなら何度も経験しているし。
もちろん知ってましたよ。
「前線の通過にともない 突風・高波・雷雨・・・」
でも出航しちゃったんですよ。すごく晴れてたから!

風が北にまわる前に、
保田くらいまでは行けるだろうと南下してたんですけどね。
第一海堡過ぎたあたりからどんどん波が高くなり・・・
(またか!洒落にならん!!)
死ぬような思いをしてまでばんやに行く理由はありません。
金谷の手前で思い切って転針。
アホウのような追い波で冷や汗をかきましたが、
何とか木更津港に逃げ込む事ができました。

無事到着。港内はまだ静かです。
まだ静かだった。
ところがですね・・・。
着くと同時に海上保安部よりメール。
『木更津港では、今後、最大風速20m/sを超える・・云々』
(何かに呪われてるのか・・・。)
バッチリ縛りましたよ。はい。
石垣の台風対策を思い出しました。

・・・と、いうことで今回の飲みは木更津。
またまたイイ店を見つけましたよ。


今回の航跡。

より大きな地図で 2012/03/28 10:03 激闘、そして逃走 を表示



続く。










関連記事
狂ポニー


元気ない。

目もうつろ。

某場所の狭い囲いの中で見せ者になっていました。
「エサやり200円」だそうです。
あまりに哀れなその姿、
引き取れるようなら引き取りたいものです。
無責任な事は言えませんけどね。
今回は、あえて忠誠を誓わせませんでしたよ。








関連記事
最後の鬼高P.A



下り。


移転先は不明。


新P.Aは平成27年予定とのこと。


業務用レトルト。王道。


ちょっとさびしい。


さらば、我が鬼高P.A。










関連記事
3名にタカられました


そんなにおいしくはない、
という事はわかっておりましたが、
「なんとなく」楊州商店へ。

ワンタン麺 840円。
セットでチャーハンも食った1000円弱。
ラーメンそのものは昔ながらの支那そば。
(スープは醤油か塩、麺は柳麺か刀削麺を選べます。)
薄めの味付けで「可もなく不可もなく」といったところ。
大量の胡椒を投入したくなる例のデキです。
ちょっと驚いたのがワンタン。
こんなに餡の大きなワンタンは初めてです。

―店主より―
『日本のワンタンは肉が少ない!!ワンタンは肉料理!!
 皮は旨味を包むだけ!!』

とありますが、
わたくしはワンタンも餃子も
「皮料理」
だと思っていますので、
このコメントには納得できません。
だから何なんだ、
というほどの事でもないんですけどね。



中国ラーメン 揚州商人 市川二俣店
TEL 047-327-3805
住所 千葉県市川市二俣1-4-17
営業時間 11:00~4:00
定休日 年中無休







関連記事
腹苦しい



「太麺、行くかい?」

隣にOさんがいる、というのは非常に厄介です。
ひとりで昼メシを食いに行く訳にはいきません。

・・・というわけで、
今回はOさんを同行してのデカ盛りチャレンジ。
ゆで野菜たっぷり。
たまに食いたくなるんですよ。

「デカ盛りって、つけ麺ですか!!」
髪切ってさわやか。
違います。


「残したら罰金」
という企画の為、二人ともほぼ完食しました。
太麺好きのOさんも満足のようでしたよ。


麺屋あらき 竈の番人外伝
TEL 047-332-5593
住所 千葉県船橋市西船5-3-10
営業時間 11:30~15:00 17:00~22:30
       土日祝11:30~22:30
定休日 無








関連記事
新人さんも入りました



特に書くようなことでもないんですが、
先日、社内でちょっとした席替えがありました。
わたくしは1階から2階の窓際へ移動。
まあリストラみたいなもんです。
そしてわたくしの隣のデスクには・・・

「日高屋??来た事がありません!」
元気です。
古い読者にはお馴染みのOさん。
また一緒に昼を共にする機会が増えました。

わたくしは、ピリ辛とんこつネギラーメン。
悩んだ。
Oさんは、野菜たっぷりタンメン(麺少なめ)
を注文しておりましたよ。


1日中ひとりで何かを喋っているOさん。
また面白いネタが拾えそうです。



熱烈中華食堂 日高屋 西船橋北口店
TEL 047-410-2270
住所 千葉県船橋市西船4-27-8 Dila西船橋別館
営業時間 11:00~02:00
定休日 不明







関連記事
憤懣やる方ない



わたくし渾身の作、“きんたまブルース”。
「もう覚えたかい。」
とあさミさんに訪ねたところ、
「は?覚えていません。」
「何で覚えなきゃいけないんですか、そんなの!」
・・・・・。

「あなたに魂はないのか!」
「何の魂ですか!」
「きん魂に決まってんだろ!!」

「バカじゃないの・・・くだらない。」
舌打ちまでされました。


寝ている時に鼻から缶コーヒーを流し込んでやります。
むせて慌て驚く様をYouTubeにアップしてやりますよ。









関連記事
二郎インスパイヤも出してるそうです


「中華屋の醤油ラーメンが食いたい。」

どんなに酔っぱらっていても、
どんなに腹がいっぱいでも、
ラーメンは食べなくてはなりません。
何故ならそれは「道」だからです。
(またそこに戻っています。馬鹿だから。)

しかし・・・
中華屋のやっている時間ではありません。
ふらふらと歩いて宗庵に入りました。
改装後は初。
九州系がメインのお店なのですが、

このポスターが目に入ったからです。
だまされた。
「はんつ遠藤コラボ 正油ラーメン」とあります。

(はんつ遠藤?誰だそりゃ。)
究極の味、とまで書いてあります。
こちら。690円。
ダメです。
(何が究極の味だよ・・・。)


他のモノを注文した方がいいですよ。皆さん。



つけめん らぁめん 宗庵 船橋店
TEL 047-425-6536
住所 千葉県船橋市本町3-33-11
営業時間 月~土・祝 11:00~4:00
            日 11:00~23:30
定休日 年中無休







関連記事
あきらかに食い過ぎ



趣向を変えて、2軒目は蕎麦屋。
客は全くいなかった。
ここは肴も充実しております。
この日は・・・

春野菜の天ぷら
見た目は×。
菜の花・たらの芽・ふきのとう

香の物とたたみいわし
いうことなし。

たたみいわしは軽く炙って・・・
最高!
岩の井をちびちびと4合ほど飲り、

シメはもり&田舎。
つゆがダメ。  つゆがダメ。
やはりここのつゆは薄くて好みではありませんが、
それ以外に関しては大変結構でした。
(でも昔の方が旨かったな・・・。)


この日は更に、
エンヤコラセー!
歌も歌っております。
もちろんラーメンも食っております。


・・・寄港地で使う金が消えましたよ。



船橋更科
TEL 047-433-3383
住所 千葉県船橋市湊町1-2-21
営業時間 11:30~14:30 17:00~20:30
定休日 月曜日







関連記事
昼呑みは堪えられん



例によって、
明るいうちから飲れる店を求め船橋へ。
先だっての花生食堂も考えましたが、
「常に新規開拓」という座右の銘(今決めた)
を遂行せねばなりません。
そしてこの日は肉が食べたかったのです。

船橋というところ、
焼肉・韓国料理店には事欠きません。
駅周辺だけでも10や15のお店は
すぐに思い浮かびます。
そんな中から、今回はこちらのお店をチョイス。
ダイソー裏。
通しでやっているのは勿論のこと、
路地を入った変な場所にあったからです。

内臓系はおいしかったんですが、
他は大した事もないので写真は割愛。
ただですね、あったんですよ。
モノも良い。
レバ刺し。自信があるのでしょう。

大収穫です。
あたりが暗くなる頃、
ほろ酔い気分で店を出ました。
周辺を軽く見廻り、
次の店へ向かいます。


焼肉・韓国料理 膳
TEL 047-435-7707
住所 千葉県船橋市本町1-7-24
営業時間 月~土 11:30~3:00
       日・祝 11:30~0:00
定休日 無休







関連記事
北風強い



今日はあらき。

らー麺 680円。
ネギとかさあ。
お店、オバちゃん2人に任せちゃうってのは、
ちょっとどうかと思いますよ。
わたくしが口を出す事でもないんですけどね。



麺屋あらき 竈の番人外伝
TEL 047-332-5593
住所 千葉県船橋市西船5-3-10
営業時間 11:30~15:00 17:00~22:30
       土日祝11:30~22:30
定休日 無







関連記事
入口横は寒かった



小雨の降る中、
南口の本屋に行ったついでにかいざんへ。

かいざんラーメン750円。
ネギは胡麻油と化調和え。
デキは相変わらず普通です。
それでも全国で屈指といわれる店、
近所にあるのは喜ばしいことですな。
相変わらず混んでました。


かいざん 西船橋店
TEL 047-434-7117
住所 千葉県船橋市印内町599-3
営業時間 11:00~23:30
定休日 月曜日







関連記事
気がつきました



久しぶりにOさんと昼メシを食ったので、
一応書いておきましょう。


Oさんと一緒ですから、勿論いちげん。
例によってとんぺい焼きかと思いきや・・・
うまそうに見える。
これに興味をひかれたようです。

わたくしも同じものにしてみました。
うまそうに見える。
ご飯は別注。

本当においしそうに見えるんですが・・・
カタくてスジっぽくて、ロクなもんじゃありません。
何が「ジューシー」だよ。大失敗です。
少し時間がかかったので、
味噌汁サービスしてくれましたけどね。

不敵な笑み。
「とんぺい焼き?ふふふ・・・。」


会社の企画と違って、
ブログはストレスフリーだな。
自由万歳。








関連記事
申し訳ないことをした



「洋食のシェフが70過ぎて始めた店がある」
というのは知っておりました。
・・・偶然見つけちゃったんですよ。
トルコ料理でお腹はパンパンなのに。

(どうする・・・今食わなきゃ、いつになるか・・・。)
まだ新しい。
(行くしかないか。)

ということで、ラーメン700円。
道・・・。
干し系の主張が若干強めの、
クリーミーでバランスの良い豚骨魚介。
「洋食屋らしさ」は全くありません。
逆に教科書のような豚骨魚介系ラーメンです。
まあどこにでもあると言えばそうなんですけどね。
700円という値段は微妙ですが、
デキは悪くありません。


半分は残しました・・・。
腹が破裂しそうになったからです。
すまん、オヤジ。
決してマズくて残したわけじゃないんだ。
本当にすまん・・・。



麺屋 六之助
TEL 非公開
住所 千葉県市川市行徳駅前2-13
営業時間 11:30~14:30 18:30〜22:00
定休日 不定休(大体毎週月曜が休み)








関連記事
またまた良店発掘



何度行ってもいつも閉まっている店、
やっと訪れる事ができました。
行徳のトルコ料理店、インパラトールです。
やっと開いてるぜ。
店に入ると店主と思われる白人オヤジが、
「地震のあとから店閉めてマシた。
 オープンしてまだ2日目デス。」
流暢な日本語で説明してくれました。

「マダ出来ないものありマスが、
 ゆっくりシテいってくだサイ。」
いい感じです。
こじんまりとした店内。天井にはトルコ国旗。

説明のあった「出来るもの」の中から、
どれもうまい。
定番、パンにのせるディップ4種。

パンおかわりした。
焼き立てパンとワイン(チリ産)。

スパイシー。
ラムが入手困難とのことで、牛のケバブ。

これで腹がパンパンに。
ヨーグルトのかかった鶏のケバブ。

トルコ料理はあんまり当たり外れがありませんが、
その中でも結構しっかりしたものを出す印象。
聞いてみると、
「日本人に合わせていまセン。
 本当のトルコの味、本物のトルコ料理デス。」
とのこと。素晴らしい。

「これはオミヤゲ。」
クルミも入ってます。
サービスでライスプリンも出してくれました。

「今度マタゆっくりきてくだサイ。
 水タバコやりましょうネ。」

感じの良い店主とおいしい料理。
ワインを2本空け、ご機嫌で店を出ましたよ。



インパラトール
TEL 047-396-5855
住所 千葉県市川市行徳駅前4-1-22-4
営業時間 11:30~14:30 17:00~23:00
定休日 月曜日









関連記事
恫喝されています




あさミさん特製・勝浦式タンタンメン。
玉ねぎ、ひき肉たっぷり。
素晴らしい。
完璧です。
ケチのつけようがありません。









関連記事
財布の金が減ってない



昨晩は実兄と朝までコース。
当初の予定は事情により変更となり、
向かった先はこちら。
久々。
源八船頭。小岩にある八丈島料理のお店です。
それでは順番にいってみましょう。

あしたば三杯酢和え
健康。

あしたば天ぷら
多い。

くさや
うまい。おかわりした。

島らっきょう
沖縄でも定番。

島寿司
堪えられん。

かに味噌巻き
八丈料理ではないな。
酒は「島の華」。
パッションフルーツサワーも飲みました。
八丈島を満喫し、ゴキゲンの兄弟。
(当然、兄も流人の子孫です。)
すっかり調子が出てきたので・・・

いつものモツ焼きやに寄り、
よっちゃん。

オネーちゃんの店へ行き、
延長もしました。

最後は鶏と馬。
これ、サービス。つまりタダ。

よく飲み、よく食べました。
全て兄の支払いですけどね。
(タクシー代も)

兄弟って素晴らしい。



源八船頭 小岩店
TEL 03-3659-6636
住所 東京都江戸川区西小岩1-27-6
営業時間 17:00~24:00
定休日 無休(市場の休日に準ずる)







関連記事
一度九州に行かねばならん



「久留米とんこつしぼり 満洲屋が一番」

以前、愛媛・松山の店舗では豚骨醤油をチョイスしました。
“おススメ”と書いてあったからです。
しかし“久留米ラーメンの老舗”を掲げるこのお店、
デフォルトを食べてみなくてはなりません。

極丸玉とんこつしぼり 850円。
玉子いらねえ。
食券機の一番左上にありました。

店内は若干のとんこつ臭があり背脂も浮いていますが、
スープそのものはサッパリしたもの(そしてぬるい)。
・・・ていうか、これが850円?正気か??


こんな看板も出ておりました。
ふざけるな。
「全国有名店舗 ご当地ラーメン対決 優勝」・・・


一体、誰が投票してるんだよ。



満洲屋が一番 船橋店
TEL 047-409-7633
住所 千葉県船橋市本町7-1-1 シャポー船橋1F ラーメン横丁内
営業時間 11:00~23:00
定休日 不定休(シャポー船橋に準ずる)







関連記事
小僧にゃ理解できるまい


「常連客が毎日昼から酔っぱらっている」
という噂は聞いておりました。
以前から目を付けていたんですが、
昨日、やっと潜入に成功。

こちら。
シビれる店構え。
船橋の駅からまもない所に、それはあります。
外観からして既に乙な店。

入ってみると・・・
陽気な人たち。
カウンター5席にテーブルが1卓。
カウンターにいる人たちは泥酔しておりました。

(噂どおり・予想どおりだ・・・。)
否でも応でも期待が高まります。
ビールを1本やっつけてから、
こりゃいいや。
マグロぶつとチューハイ。

瞠目したのはそのチューハイです。
(うまい・・・。)
焼酎:8、炭酸:2くらいの割合でしょうか。
氷も素晴らしい良いもの使っております。
驚きました。

「ママさん、焼酎はキンミヤ?随分入ってるねえ。」
「そう、キンミヤ。これが一番だよ。
 それに酒は濃い方が絶対おいしいからね。」
わざわざ一升瓶を持ちあげて見せてくれました。
この日は他に、

肉豆腐。
豆腐うまい。
肉は鶏です。

漬け物。
気が効いてる。
多分サービス。

いか刺し。
少し日にちがたっているモノでした。
「時価」と書いてあります。

湯豆腐。
これ最高。
醤油だれには柚子の皮が一片。
鱈・白菜・春菊も入って350円!

カウンターの常連さんもママさんも、
気さくに話しかけてきます。
チューハイは何杯飲んだか覚えていません。


・・・あたりが暗くなって来たようなので
全く愉快な心もちで店を出ました。
次の店にも行かず、ラーメン食って帰りましたよ。
間違いなく、また行きます。



花生食堂
TEL 047-422-6565
住所 千葉県船橋市本町4-16-30
営業時間 10:30~19:00
定休日 不定休









関連記事
何本飲んだかな・・・



昨晩は、
「囲炉裏で自分で鶏焼いて食う店」
を新規開拓。
炭火。

もも。
やきとり。

はつ。
ゆず胡椒と合います。

そしてレバ刺し。
とりは出してもいいんだな。

お店の人達の感じもよく、良店でした。
中華街とは大違いです。


囲炉裏屋 火の国
TEL 047-402-6699
住所 千葉県船橋市西船4‐21‐3 2F
営業時間 17:00~翌1:00
定休日 不定休








関連記事
中華街の昭和ポケット


土曜日のせいか、どこの店を覗いても沢山の人です。
行列をつくっている店も多数ありました。
そんな中・・・・・
その前を何度か通りましたが、
全く客が入っていない「気になる店」を2軒目にチョイス。
渋い。
和風トラディショナルな「町の中華屋」の風情。
中華街では、逆に異彩を放っております。

店に入ると店主が客席で読書中。
何かをレンゲですくって食べながら。
音の割れたラジオからNHKのど自慢が聞こえます。
もちろん客はひとりもおりません。
(渋すぎる・・・。)

汚い!
カウンターに座ると、不衛生な厨房が丸見え。
目の前にはクモの巣の糸が垂れています。
メニューもベタベタでボロボロ。
しかし・・・価格設定は超強気です。
(これは期待できそうだよ。)

全く愛想のない店主に紹興酒を注文し、つまみはクラゲと餃子。
上等クラゲ。  餡は手が込んでる。
全く愛想のない店主がザーサイも刻んで出してくれました。

期待通り、モノもデキも悪くありません。
1軒目の店より遥かにマシです。
店主は全く愛想がありませんが。


・・・こちらが呑んでいる間も、
店主は熱心に本を読んでいます。
時々、地図のようなものも眺めています。
(あんなに熱心に何を読んでるんだろ。)
1本空けて、店を出る時にそれは明らかになります。


こちら。
悪い人ではなさそうだ。
(・・・・・。)


まずは店の掃除しようぜ、オヤジ。



上海飯店
TEL 045-651-2522
住所 神奈川県横浜市中区山下町138
営業時間 11:30~20:00
定休日 水曜日








関連記事
不完全燃焼



ボートショーの後は、元町界隈を見廻り。
中華街も大分歩きました。
土曜日なので人沢山。
(どこもかしこもオーダーバイキング方式か。)
そのスタイルは以前に失敗っております。
観光客が目をつけないような店を探し・・・
大失敗。
路地にあった雑然とした店へ。
台湾の旗が掲げられております。

大衆食堂がコンセプトのようですが、
金額設定は結構高め。
(空心菜炒めが1370円!)
注文したのは、
春巻きは悪くないけど・・・
春巻きと牡蠣チリソース。

ボリュームはあった。
ダック焼き。

・・・紹興酒を1本空けて店を出ました。
値段の割に、あまりおいしくなかったからです。
(特に牡蠣チリ)


この日はもう1軒行きます。


福楼
TEL 045-651-2962
住所 神奈川県横浜市中区山下町137-26
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休







関連記事
客もそうだけど



今年も行って参りました。ボートショー。
あまり役立つ情報はなかった。
例によって写真はこれしかありません。


毎年思うんですけどね。
この業界って、本当に胡散臭い人が多いですよね。









関連記事
今日の鬼高P.A



朝からなにも口にしておりませんでした。
生き返った。
カツ丼(下り)。


我が鬼高P.A、移転の為に閉鎖。
ちょっとサビしい。
移転先はまだ決まっておりません。








関連記事
なるほどね



(おっ、開いてる。)

三崎にありながら、
「三崎まぐろラーメン?なんだそりゃ。」
というオーラを出す店。
以前から気になっていました。
いい店構え。
「うちは中華じゃない。ラーメン屋だよ。」
という主張を感じる提灯と暖簾。

メニューには様々なラーメンがありましたが、
まずは普通の「らーめん」。
侮りがたし。
(こんな場所で・・・・。)
都内有名店にも引けをとらないような、
しっかりとしたWスープ。
ストレートの細麺はすぐに伸びてしまったものの、
予想を遥かに上回るデキ。
確かにこれなら「B級グルメブーム」になど、
乗っかる必要がないのは分かります。

カウンターに座っていたのは皆ヤクザ、
というようなお店ではありますが、
他のラーメンも是非試してみねばなりません。



朝日らーめん
TEL 046-881-3499
住所 神奈川県三浦市三崎1-15-14
営業時間 18時~翌2時頃
定休日 水曜日








関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。