狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メシなど食ってる場合じゃなかった





(街に・・街に出ねば・・・・。)
まだあたりは真っ暗。
たとえ4時でも、やってる店はあるハズです。


ありました。
前はすかいらーくだったはず。
ジョナサン・・“店”が違う・・・・・。


そしてステーキ。(ソースはガーリック醤油)
じゃがいもうまい。
ライスも食った。


せっかく熱海まで来たのに、
朝も早よからジョナサンでステーキ。
あまりグッドではない企画です。
しかも大雨降ってきました。


束の間の朝日。
イヤな予感。
熱海の夜明け。

コンビニでドリンクを補給し、
小雨になったタイミングを見計らって出航。
懲りずに竿を出しどんぶらこです。
勿論、かすりもしません。


そして昼ごろ三崎に到着。
昼メシ食おうと思って寄ったのですが、
これがよからぬ事態を招くことに・・・・。
到着とともに風が吹き始めます。
うらりで買い物をしていたら、雨が横から降り始めました。

(とりあえずメシメシ!)
この時点ではまだのんびりしております。


今日のマグロ食いはこちら。
場所はいい。
風雨の中、一番近くにあったからです。


づけ2色丼
まあ食えた。
ご飯が温かい。

マグロ盛り合わせステーキ。
こりゃひどい。
鉄板で焼いて食べます。見た目通りのマズさ。

三崎名物・とろまん
もう食わない。
臭い消しの為か、ショウガたっぷり。
コンビニの肉まんの方が100倍うまい。


この一年、三崎のあちこちでマグロを食べましたが、
未だうまいマグロに当たった事がありません。
少し考えを改めなければならないかもしれませんな。



そしてここからが苦難の始まりです。
まだ続く。




まぐろ料理専門店 立花
電話 046-881-2158
住所 神奈川県三浦市三崎5-1-16
営業時間 火~土11:00~15:00 17:00~21:00
       日・祝 11:00~21:00
定休日 月曜日

※本館とか別館とか支店とかあるようです。
 定休日も違うようですが、どこがどこだか分りません。
 あしからず。










関連記事
スポンサーサイト
疲れていたんでしょうねえ




スパ・マリーナ熱海事務所で入港手続きをすませ、
恒例の市中見廻り。

“渚町”という地名のこの一帯、古くからの歓楽街のようです。
多数のスナックやクラブ、ホテルに風俗店。
まだ明るいので風俗店以外は営業はしておりませんが、
それらを眺めながらの見廻りは退屈しません。


こんな標識も発見。
見たことねえ。
“ここまで”・・・・・
ここから先は殺伐としているんでしょうね。
気を抜けません。


看板にひかれ、寄ってみました。
わんたんめん食った。
このお店については後述いたします。



マリーナの事務所で手続きした際、
「おススメの温泉宿は?」
と聞いたところ、日帰り温泉の割引券をくれました。
(1000円→800円)

↓こちらのもの。
ちょいとよさげ。
こじんまりとした旅館ですが、
事務所のすぐ隣にあるので船で来た人には至極便利。
オーシャンビューの部屋がウリのようです。

入浴客はおりません。万歳。
だれもいねえ。ラッキー。
湯加減もよろしく珍しく長湯しました。
脱衣所はエアコンが効いており、出た後も快適。
すっかりイイ気分で船に戻り、夜に備えます。
ところが・・・・



ちょっと横になったつもりが目覚めると3時半。
(朝じゃねーか!!)

これだけの飲み屋を目の前にしながら、
何もせずに熱海の夜は終了してしまいましたよ・・・・。

さらに続く。



熱海温泉 しろき旅館
住所 静岡県熱海市渚町7-6
電話 0557-81-9271










関連記事
一匹だけはいたようです





この日は“密かな野望”を抱き、3時に起床。
天気予報のチェックで野望の半分は潰えましたが、
あきらめたわけではありません。

(とりあえず行ってみっかな。)
用意した秘密兵器を携え、
大量の“ステキなドリンク”を積み込んで東京湾に出ました。
浦賀の2番を過ぎたら沖の山方面、
そこから大島の西側へ向かうはずだったのですが・・・・

「そっちに行ってはいけません。」
どこからかそんな声が聞こえます。
自然と舵を右へ右へ切るわたくし。
やむを得ず城ケ島沖から竿を出し、秘密兵器を投入しました。
相模湾も南からの風を受け、結構な波がたっております。

(この辺じゃムリだろうな。でもカツオの1本位なら・・・)
などと思いながら西へと針路をとり、長ーい間どんぶらこ。
結果的にはドラグが鳴ったのは一回のみ。
一瞬でルアーだけ持っていかれて、魚影すら拝んでおりません。
しかし魚を逃がした事より、メジ用のルアーの損失を悔やむわたくし。
(か・・・金が・・・・。)
秘密兵器ではなく幸いでした。


そんなこんなしているうちに、初島が見えてきましたよ。
(伊東はこの間行ったし・・初島は船中泊不可・・・熱海だな!!)

ちゃんとした航海計画を立てて出航する人たちには怒られそうですが、
今回も例によって成り行きと思いつき。
決してムリはしない、というのが大前提ではありますが・・・。


翼よ! あれが巴里の灯だ(熱海です。)
太陽は出てるんだが。
初島行きの定期船が出ていきます。


無事到着。
ここも水きれい。
スパ・マリーナ熱海

このマリーナ、入口にもマリーナの中にも
アンカーロープのものと思われるブイや旗が多数。
ビジターバースも分かりづらいので、
入港前に連絡してスタッフに来てもらわなくてはならないようです。

隣はバートラム。
こんなデカいのはいらねえ。
決して比較してはいけません。




入港手続きはマリーナを出て道路を挟んだ場所の2階。
一息ついて事務所に向かうと・・・・・

いきなり目の前にソープランドが2軒。
(イカレ内装業者N氏曰く、“ミーアタのプーソー”)
古そうだ。
他にも風俗店多数ありました。


一大観光地のこの街、
なにやら期待できそうですよ。ひひひ・・・・。
続く。



スパ・マリーナ熱海
住所 静岡県熱海市渚町10-9
電話 0557-81-8840
定休日 火曜日
営業時間 9:00~17:00










 
関連記事
お詫びとお礼




ネットで公開するという事がどういうことなのか、
わからない訳ではありません。
わたくしの場合は船名もさらしておりますし、
よく見れば、どこのどいつか分かるようにもなっております。

それでもどこか現実的ではない世界という捉え方をしておりました。
備忘録的に好きな事を書き、自分だけ分かってりゃイイや的な・・・・



「lukidogさん、ブログ読んでますよ!」

(・・・?・・・?・・・・・へ?

先日のクルージング大会での事です。
しかも2名の船長さんから。
さらに隣にいたOさんを見て・・・

「もしかしてOさんですよね!とんぺい焼きの!!」

(そんなことまで・・・ブログ、恐るべし。)



コメントをいただいている皆さまは勿論のこと、
そうでなくても“見ている人”がリアルに存在するという事を
今更ながら認識するわたくし。


「拍手コメント入れといたんですけどねえ。」
帰ってすぐに確認。すると・・・・
拍手コメント、1年もの放置が発覚!

「こいつ、シカトかよ。死ね!」

そう思われてるんだろうなあ。イヤだなあ・・・。
(Maximumさんのおかげで気づく事ができました。
 本当にありがとうございます。)



コメントを無視してしまった皆さま、
わたくしを呪わないで下さい。
大人と社会が悪いんです。
そしてどこのダレだか分りませんが、
このインチキブログを読んだり読まなかったりの
ヒマをもてあましている皆さま、
この場を借りまして改めて御礼申し上げます。

どうせヒマならツイッターもフォローして下さい。
金銭のフォローも受け付けております。
                    















関連記事
原作パトリシア・ハイスミス、監督ルネ・クレマン





いつも平日の出航のわたくし。
同じマリーナの人達と顔を合わせる事はめったにありません。
マリーナが休みの火曜に出る事も多いので、
スタッフとすら会いません。
基本的に引きこもりでオタクの草食系男子ですから、
それをどうこう思った事はありません。
陸上でも4本足の生き物としか仲良くなれないし。


そんなわたくしではありますが、
マリーナのイベント事には極力参加するようにしております。
新参者ですので情報も少ないし、
海に関して言えば知り合いは多いにこした事がないからです。
ということで、昨日はマリーナのクルージング大会に参加してきました。
「水着の女の子が沢山来るよ。」
と騙して連れ出したOさんも一緒です。



6時半集合、7時出航。
思ったより多い。
全部で15艇とのこと。


行く先は富浦。暗礁が多く、入口は広くないようです。
ちょっと良さげ。
湾内には来た事がありますが、港に入るのは初めて。


こちらの敷地でバーベキュー。
うーん・・・
“りっしんべん”の書き順が明らかに間違っております。
これは恥ずかしいですな・・・。勢いがいいだけに。


焼きそば係のスタッフ。
暑そうだ。
若いって素晴らしい。


盛り上がっております。
沢山きてます。
ビンゴやじゃんけん大会もありました。
ところが・・・・・



ひとりぽつねんとカロリを飲むOさん。
楽しくないかい。
「何の話をしているのか全く分かりません!」


フネに戻ってからも・・・・
死にかけ。
「昔は泳げたけど今は泳げません!!」
子供たちを睨みつけるOさん。


泳ぎながら撮ってみました。
このアングルは初めてだな。
なかなか優秀なケータイです。



そして・・・・ダウンするOさん。
腹でてる。
この炎天下で寝てたら死にますよ。





帰る時に、右のエンジンがかからない(セルの不具合)
というトラブルがありましたが、
周りにはマリーナスタッフや船長さん多数。
全く動じることはありません。
というより、こんな時に不具合が生じる幸運。
あっという間に問題は解決し、
無事に帰港する事ができましたよ。
(帰ってからの修理は必要となりましたが・・・。)



行きは舵を持って揚々としていたOさん。
帰りはキャビンで眠りつづけておりました。
(多分、流行りの熱中症。)

今度はもっと直射日光を浴びに(あるいは釣り修行)、
どっかの島にでも行こうぜOさん。




情熱ペンション富浦
住所 千葉県南房総市富浦町豊岡21
電話 0470-33-4515










関連記事
店名すら書かなくなったよ






天丼とたぬきそば                鶏炭火小丼と九条葱そば
ヒトのカネ。  ヒトのカネ。

とんぺい焼き                   ナポリタン
ジブンのカネ。  ヒトのカネ。

特のりタル弁当                  ハンバーガー
ジブンのカネ。  ジブンのカネ。

豚骨醤油ラーメン                ラーメン・チャーハン・餃子
ジブンのカネ。  ヒトのカネ。








「もうやめたら・・・ブログとか・・・・。」
チューよ・・・
そうなんだよねえ。













関連記事
冷やせよ





空港に行った時の事です。
暑い。
空調が全く効いておりません。
ふと見ると・・・・。

なんだ?

わたくしの大嫌いな“エコ”です。
クールビズってなんだよ。





空港も快適な場所ではなくなってしまいました。












関連記事
たまには人の為





ばんやに行ってみたい。」
というT井課長の希望により、社員数名と保田漁港へ。
昨日に続き、晴天・風ナシの好日和。



早朝から城ケ島沖に向かった、
M君からもこのようなメールが。
マンビカー。
彼の会社の株は下がり続けているのに、
こんな事していてイイんでしょうか。



われわれも順調に到着。
あっという間。
空気がうまい。


思っていたほど混んでいませんでした。7月1日よりテラス席のみ喫煙可。
分煙だそうです。  なめろううまい。


さんざん飲み食いして、調子の出てきた我々。
アサリとハマグリを買い、フネに戻って二次会です。
貝のみ。


調理主任・N村K司
楽しいかい。


のみすぎか。
張りきりすぎたようです。




帰りも順調。
きもちいいねえ。
東京の街に落ちる夕日。


本日も無事帰港です。
小せえ。
上架中の写真も撮ってみました。




日焼けと酒でグッタリ気味のみなさん。
楽しんでいただけたでしょうか。





ばんや
住所 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
電話 0470-55-4844
営業時間 [月・水~金] 10:00~18:00
       [土・日・祝] 9:30~19:00
定休日 火曜日















関連記事
クーラーボックスは“魚以外のモノ”でいっぱいです





梅雨もあけて夏本番。
一日遅れの海の日を満喫すべく、鬼高にも寄らずに出航しました。
風もなくどこまででも行ける海況です。
が・・・・
諸般の事情により、この日は釣り修行に決定。
第一海堡を過ぎ、大貫沖で竿を出しました。

この日は餌をつけて流し釣り。
ただしスパンカーもシーアンカーも無い為、
ラインがあらぬ方向に流されていきます。
“釣りをなめてんのか”
とか言われそうですがやむを得ません。
“夏の太陽の下、海の上でプカプカする”
というのが目的だったりするからです。



唯一の釣果。
変な生き物。
ホウボウ。

どうやって食っても旨い、といわれるこの魚ですが
サイズも小さいのですぐにリリース。
とりあえず一匹は釣れたので、修行は終了。


帰りに風の塔でも竿を出してみました。
やる気はない。
魚探は真っ赤だったんですが・・・。




いずれにしても、
やっと待ちに待った季節がやってまいりました。
仕事などしている場合じゃありませんな。














関連記事
やっつけ犬仕事





水を飲むメ○ラ。
チュー。



水を飲むメ○ラとアホ。
アホよ。



いつの間にか布団にもぐりこみ、くつろぐメ○ラ。
チュー。



勝手にベッドに上り、傍若無人なタツとアホ。
アホよ。



おもちゃを咥えたまま眠るアホ。
アホよ。




わたくしの海の日は、明日と明後日です。













関連記事
ダイ ヤボー!





“直行”と書かれたわたくしのスケジュールに、
疑問の声があがっているとかいないとか。
確かに本日は母校の試合がありますが、
3回戦位じゃまだ観に行くほどでもないでしょう。


本当に久しぶりの空港カレー。
まさに空港カレー。
モーニングカレーセット1100円。ドリンク付き。


カレーを食べていると、イカレ内装業者のN氏から電話。
「あれ?球場じゃねえな。」


どうも皆さんに誤解されているようです。
仕事を抜け出して野球観戦などもってのほか。
許される事ではありません。
わたくしはただ、“空港でカレーを食ってただけ”なのです。



羽田空港 第2ターミナル。
空港はいいよね。
結構、人いました。



モチロン午前中にはちゃんと職場に戻り、
こうして真面目にブログを書いております。




カフェ&ビアレストラン アビオン
TEL 03-6428-8551
住所 東京都大田区羽田空港3-4-2
    東京国際空港第二旅客ターミナルビル2F
営業時間 5:30~21:00



※速報を見ると、母校は負けてしまったようです・・・・。











関連記事
今週も終了・・・・・






強風・波浪注意報は出ておりましたが、
試運転もかねてとりあえず出航。
振動はなくなり一安心です。

一応お泊りの仕度だけはしてきたんですが、
南からの風のせいで湾奥はバシャバシャしてます。
湾内の波は細かいので、ちょっと油断すると叩かれます。
さらに雨。
しかも何故か寒い。

(ダメだこりゃ。疲れる。帰ろう。)

ディズニー沖で魚探が真っ赤になったので、
少しだけ竿を出してみましたが激しい揺れの為すぐに撤収。


ディズニーシーの山。
たまに火をふく。
ディズニーもららぽーとも、
船着けられるようにしてくれませんかね。


2時間もしないうちに帰港。
汚い桟橋。
梅雨は死ね。



せっかく今日は陽が出てるのに、強風のため欠航です。
朝から酒飲んだりくだらないブログを書いたり、
全くロクなもんじゃありません。












関連記事
今日の鬼高P.A





定番・豚辛味噌定食。
うまい。


ご飯大盛り、おかわりサービス中とのこと。










関連記事
一回戦など観に行きません





わたくしのスケジュールに書かれた“市川・浦安”に、
疑問の声があがっているとかいないとか。
確かに昨日は母校の初戦がありましたが、
さすがに市原まで行こうとは思いません。
そしてアリバイ作りにはぬかりのない男です。


味噌らーめん800円@タンク
味噌はダメだ。
行徳(市川市)にいた間違いのない証拠。
(撮りだめていた訳ではありませんよ。)


悩みに悩んで注文したタンクの味噌らーめん。
麺も中細で、ゆで加減も違います。
辛めの味噌がスープの良さを殺してしまっている印象。
もったいない。
やはりこの店は豚骨醤油ラーメンこそが真骨頂。
もう悩みません。



らーめん タンク
住所:千葉県市川市日之出18-18
電話番号:047-359-2878
営業時間:11:30~15:00 18:00~24:00
定休日:不定休


※母校は5回コールドで快勝です。









関連記事
ありがたいことです





暴走特急・安栄観光の最古参、
シゲボー船長より今年も石垣島のパインが届きました。


なんと3箱。
みんなでわけました。
金、余ってるのか?


瀬戸商店のパイン。
ちょっと青い。
現金もくれ。






イカレ暴走船長。「誰も行かなきゃ俺が行く。」
波照間便
船は78号。シケた時は最強。観光客にとっては最凶の乗り物。



噂によると、最近は美崎町でも大人しく飲んでるそうです。
(アルコールチェッカーのせいか?)
また荒らしに行きますね。ヤスフミ会長にもよろしく。













関連記事
畜生は草でも食え





“犬は腸が短く消化しづらいそうなので、生野菜や草は食べさせない。”
基本的にはそういうスタイルです。うち。
胃の洗浄(嘔吐)の為に草を食べる、という話も聞いたことはありますが、
あえて食わせる事もないかと。



売ってたので買ってみました。“犬の食べる草”
なんだかよくわからない。
上の足はゴロゾー。


タツが食べております。
おいしいかい。
というより、噛んではペッ。


宴のあと。
おいしくないのかい。
すぐに飽きたようです。



チューゴは全く関心を示しませんでしたが、
エサに混ぜたら食べました。
メ○ラでノータリンなので、
何が入っているのか気付かなかったようです。


近づくとタツが怒るので、ゴロゾーは食べていません。














関連記事
最悪の事態は免れたようです






忙しい時間をなんとかやり繰りして、
先日の事故の状況を検分しに行ってきました。


ドライブユニットは問題なし(多分)。
幸運。
ぺラの曲がりだけで済んだようです。


それも予想ほどでもなく・・・・
助かった。
軽く叩いて直るくらいのものです。


マリーナのスタッフは“この程度・・・”というような対応でしたが、
振動に加え水温も少し上がってましたので、
整備方にぺラ叩きをお願いしてきました。


かつて自分でぺラを叩いて”とんでもない事態”になった事があります。
以来“ヤバそうな事には手を出さない”のを是としているわたくし。
かえって余計に金がかかる場合もあるからです。
もっとも現場では、そうも言ってられないコトが多いんですけどね。

いずれにしても今回は最小被害で済んだ事を喜ばねばなりません。
そして日頃のわたくしの“行いの良さ”万歳。














関連記事
子供か・・・





カツカレー。
CoCo壱番・2辛。


ハンバーガー。
ハンバーガー・フィレオフィッシュ。


ミートソース。
イタパン。












関連記事
今日の鬼高P.A





ラーメン食べたくて急いで帰ってきたんですが、
不慮の事故などがあったのでラーメン店は断念。
帰港の時間が大幅に狂ったからです。
ということで、久しぶりに鬼高(下り)に寄ってみました。
3か月ぶりになります。


辛ねぎ味噌ラーメン600円。
食えないことはない。
“店長おすすめ”とありました。


ディスプレイやPOPなど、
上りに比べるとはるかにやる気を感じます。下り。
まあどうでもイイんですが。












関連記事
勿論ストレスは解消しました(その3)






フェンダーが岸壁とボートに挟まれ“キュッキュッ”と鳴ります。
目覚めの音としては最上級の部類に入るでしょう。
フネ好きとしてはなんとも贅沢な朝を迎えましたが、
昨日よりも空は黒く、波も高い予報です。

(まあ、帰りはのんびりだな。)
港を出ると、ルアーを流しながらどんぶらこ。
一石二鳥とは、まさにこのことです。

利島を過ぎ、針路を大島の東へ。
相変わらず天気も海もよくありませんが、
クーラーボックスには十分な“楽しいドリンク”がありますので
すこぶるゴキゲン。

(晴れてりゃ最高だけど、晴れてなくても最高だな。)
などとクダラナイ事を思っていると・・・・

「ジジジジジ・・・・・・!」

(来た!!)
ドラグが鳴った時の高揚感は、言葉では表せません。
今回の獲物もカツオ。
モチロン無事釣りあげましたよ。ところが・・・

絡んだ仕掛けをほどいたり、血抜きをしたりでバタバタ。
写真撮るのをすっかり忘れるという大失態です。
家に帰り、さばいている途中で気がつきました。

ああ・・・・。
すでに頭だけに・・・・まあ仕方がありません。


つまみゲット。
1本あれば十分ということで早々に竿仕舞い。
後はスピードを上げ、一路帰港するのみです。
(途中どこかで昼メシ、とも思ったんですが、
 無性にラーメンが食べたくなりましたので。)

多少まだ波はありましたが、スローする程ではありません。
順調に東京湾に入りました。



・・・ホッとして緊張感を欠いていたのでしょう。
集中力が途切れていたのかもしれません。

「ゴンッ!」
という音の後に激しい震動。

(ああ・・やっちまったよ・・・。)
“好事魔多し”とはよく言ったものです。
流木か何かをドライブかプロペラに当ててしまいました。

(また金が飛んでいく・・・。)
へこみましたよ。一瞬だけ。
でもやっちまったものを後悔してもしょうがないので、
すぐに切り替え。
航行に支障がないかどうか、しばらくチェックして
慎重に帰港しました。



乗っていればこういう事もあります。
それも含めて、ボート遊びは楽しいのです。
(と、何度も自分に言い聞かせるわたくし。)



いくらの見積もりがあがってくるのか戦々恐々としながら、
本日もやむなく出勤しております・・・。














関連記事
勿論ストレスは解消しました(その2)





港から街中(?)までは歩いて10分程度。
道路より低い所に住居の敷地、数多く見受けられました。
どのような成り立ちでそうなったのか、興味深い集落です。

わたくしが若かりし頃、その名をとどろかせた新島。
現在はその頃の繁栄を示すものはありません。
聞くと、かつて200軒以上あった民宿も今は30軒ほど。
それもオンシーズンのみの営業だそうです。
昼間だというのに通りは閑散とし、
入口を打ちつけられた廃墟のような建物が立ち並んでいます。


これは村役場。
意味はない。
公共機関は充実しているようです。


こんな看板立てられても・・・。
見るべきものはない。
流人刑場もありました。


かなり見廻りましたよ。
ちょっと書く事はできませんが、
この妙な雰囲気な島の“ある事”に気づくわたくし。
この時点では勘にしかすぎませんでしたが、
後で寿司屋のオヤジがそれを裏付けてくれました。
(勿体ぶって申し訳ありません・・・。)

5時になると同時に、その寿司屋へ。
“看板もなく暖簾も出さない、しかし出てくるものは一級品”
という、ある種都市伝説のようになっているこのお店。

しかも住宅地のなか。
普通、わからねえよ。
確かに分かりにくい。


入口はちょっとだけそれらしい感じ。
わかんねえって。
暖簾がないので、やってるかどうかも分かりません。


入ってみると、確かに寿司屋。
支度途中。
店内もいたってシンプル。


「つまみを適当に。」
と言って、出てきたのがこちら。
見事。
確かに旨い。どれも極上品です。
中でも大ぶりのサザエなどは、
(今まで食ってたサザエは一体なんだったんだ・・・。)
などと思わせる逸品でした。
これなら評判もうなずけます。


お酒はこちら。
悪くない。
新島も大島同様“盛若”(神津島の焼酎)が人気だそうですが、
せっかくですので新島産“嶋自慢”。


意外と気さくなオヤジで、島や海の話で盛り上がり。
1本空く頃に、持ち帰りを頼んで店を後にしました。
(おかみさんが港まで車で送ってくれると言ったのですが、
 丁重にお断りして夜道をぶらぶら。)

船に戻ってにぎりをつまみに呑み直し。
これもうまかった。
贅沢な夜。


心地よい疲労感と酔いでいつの間にか眠っておりました。
熟睡。
そして朝は5時頃に目が覚めます。


つづく。



健寿司
住所 東京都新島村本村6丁目5-1
電話 04992-5-1047

※営業時間も休みも不定なので電話予約が必要。
 そしてこの住所は間違っておりませんが、
 グーグルマップなどで探しても
 全く違う場所が表示されます。行かれる方はご注意を。








 
関連記事
勿論ストレスは解消しました(その1)





久しぶりの出航。
長かったストレスを解消する為には、
チョイ乗りという訳にはいきません。

(そういえば新島に旨い寿司屋があるとか・・・・。)

ということで、今回の目的地は新島に決定。
風さえ吹かなきゃ梅雨前線など知ったこっちゃありません。
イヤになるくらい船を乗り回したいのです。
(視界が悪いのには往生しましたが。)

梅雨は死ね。
曇天。


天気のせいか、釣り船もあまり出ていないようです。
根性無しめが。
浦安付近。




浦賀の2番浮標を過ぎ、まずは伊豆大島へと針路をとります。
今回は、“潮が速くて年中嫌な波がたつ”
と言われている鵜利根島と利島を避け、大島を西から廻る事に。

いい地図なかった。

大島を越えると、うねりも外洋のソレになります。
利島のあたりから不快な波を横から受けるようになり、
三角波もたっております。ちょいと緊張。
降ったりやんだりの雨がさらに追い打ちをかけ、
あるはずの島影も全く見えません。

♪波の谷間に~命の花が~♪
というフレーズが頭の中では何度も繰り返し。
(ただし口ずさんでいたのは無錫旅情。)



なんとか無事到着。
御苦労。
外来のボート・ヨット専用の岸壁。しかもタダ。


「島は高いよ。」
と燃料屋が自ら言うくらい高かったので、
必要最低限の燃料だけ補給。
一息ついてから近くの温泉へ向かいました。

下調べ済み。
海に突き出したこの露天温泉、
こちらもなんとタダですよ。


晴れてりゃもっと良かったハズ。
人がいなくて最高。
水着着用とのこと。


通称パルテノン神殿。
またチャレンジ。
こちらはオンシーズンのみとのこと。
お湯が抜かれていました。残念。


温泉を出た後も、夜まではまだまだ時間があります。
当然いつもの市中見廻りに。


つづく。



湯の浜露天温泉
住所 東京都新島村本村
電話 04992-5-0240(新島村産業観光課)
営業時間 24時間
定休日‎: 無休(ポンプ交換時等臨時休業あり)









関連記事
恒例になった手抜き





昼メシ。




上天丼@三松
上は海老2本。


牛丼(特盛り)@吉野家
他人の金だったので特盛り。


らーめん@武蔵家
かためおおめ。


ほっともっとのステーキ弁当
たれが多くて良。


冷やしたぬきそば@ほんのり屋
これはダメだ。


鴨せいろ@三松
大盛りにした。



ラーメンすらピンで書かなくなりました。
カテゴリの変更も考えなくてはいけません。











関連記事
タツのお友達






鳴け。

この時期になると、毎日現れます。
沖縄のヤモリのようには鳴きません。











関連記事
今月、まだ3日かよ・・・・・





毎年恒例、山野浅間神社のお祭りに行ってきました。
今年はイカレ内装業者のN氏は不参加。

子供ばっかり。
沢山のお店が出ます。


会社の有志とラムネハイで乾杯。
蚊地獄。
いつも同じ場所の店。


盛り上がったワルモノやつら、
祭りの後はオネーちゃんのいる店に流れました。
大暴走。
トシをごまかし、オネーちゃんを口説くOさん。


さりげなくオネーちゃんの肩に手をまわすOさん。
困った人たち。
「誰でもいいんですよ!誰でも!!」





次の日財布を覗くと、
またカードの使用控えが入っていましたよ。
モチロン現金は全くありません。
一体どういう事なんでしょうか・・・。











関連記事
昨日の続き





他にも面白いのがいたので、載せておきましょう。
犬ブログとして。


醜くはない。



これは見た事ある。









入賞できそう。












関連記事
今日は犬ネタもう1本





今年も「醜い犬コンテスト」が行われたようです。
優勝は・・・・



プリンセス・アビー
ノートルダム。
どうやらカシモド君のようです。


2006年以降、サムを超える優勝者はいませんね。
振り返ってみましょう。



2009年 パブスト
カッコいいじゃないの。


2008年 ガス
ひどい障害者だったそうです。


2007年 エルウッド
舌は出っぱなし。


2006年 ミス・エミリー
サムが死んだからね。




舌を出したイカレ系が強いようですが・・・・
真打登場です。




2003~2005年 サム
こいつはホンモノだ。


さらにもう1枚。
ホントにいたのか。
3年連続王者の風格。




今回のプリンセス・アビーもそうですが、
2008年のガス君などは相当な障害者だったらしく、
それを“醜い”と捉える事に対して賛否があるようです。
わたくしは楽しみにしていますがね。

全部うちで引き取りたいくらいです。












関連記事
狂犬&おかしな人





“ゴロゾーを待ち受けにする、という人が現れる”

全く予想だにしなかった事態をうけて、
現場は緊張の色を隠しきれません。



(・・・・・眠い。)
老兵は死なず。




本人はタツの尻尾を枕に寝ております。
アホよ。
おもちゃは咥えたまま。




「起きたよ!!」
アホよ。
不必要な明るさ。アホ。落武者。鋸引き。



「待ち受けって何?」
良い子。
「食べられるの?」







そしてこの人もひとこと。
最近ますますオカシイ。
「私は犬が嫌いなんです!カルボナーラ!!」




Oさんを待ち受けにしたい、
という奇特な方がいましたらご連絡を。
モザイク無しの写真を送ります。













関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。