狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前だったからしょうがない





昨日は八千代のヨシベーに。
ちょうど釣具店の向かいにあるからです。


ヨシベーラーメン味噌 680円 。とんこつベース。
カレー粉か?
何故か味噌を頼んでみました。麺は太麺。


んー・・・・・・。
もともと味噌ラーメンが好きじゃありませんからね。
でもこれはどうなんだろう。

ここのラーメン、結構手が込んでるのは分かるんだけど
なんか引っかかるんですよ。
どうも人工的というか・・・。


まあどうでもいいんですけどね。
釣具店で目的のモノも手に入れたし。



ヨシベー 八千代店
TEL 047-458-1289
住所 千葉県八千代市大和田新田138-74
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休








関連記事
スポンサーサイト
常に我が道を行く男





例によって“休みなのに出勤している”男、Oさん。

「今日はうどんを食べてきたのでお腹すいてません!」
「昨日の夜もうどん食べました!」


うどんばかり食べて、何故痩せないのか訊ねると、

「間食をするからです。シュークリーム!!」




そんなOさんも含めた7~8名で焼肉屋へ。
珍しくシャチョさんの主催です。

相当食ってた。

「焼肉屋ならうどんあるね。カルビうどんとか。」

「わたしは肉が好きなんです!
 肉しかたべません!!」


(・・・・・。)





場所を移動し、カラオケスナックへ。

逃げようとした。
休日なのでジャンパー姿のOさん。

「わたしは歌いません!歌を知らないからです!!」

盛り上がっても、決して歌わないOさん。
もちろんシャチョさんに怒鳴られておりました。
当分の間、イビられ続けること間違いなし。


こんな時もあるからねえ。
何曲か用意しておいた方がいいよ。Oさん。
(言ってもムダか・・・・・。)




照月苑
TEL 047-433-1504
住所 千葉県船橋市西船4-16-1
定休日 月曜日

※やはりこの店のタン塩は絶品です。







関連記事
中華屋の風情です





駐車場のある店、ひじり屋
市中見廻りの途中に寄ってみました。


熊本こってりラーメン600円。
見た目よし。
とんこつラーメンにマー油を浮かせてこってりラーメン。


基本的にはとてもさっぱりしてクセのないとんこつラーメン。
チャーシューも厚く、煮卵ものって600円は
頑張っている方だと思います。
やはりうまかっちゃんを思い出しますね。



らーめん ひじり屋
住所 千葉県船橋市市場 3-8-5
電話番号 047-423-3466
営業時間 11:30〜15:30, 18:00〜22:30
定休日 月曜







関連記事
仕事中は書くなというコトでしょう





会社で使用しているパソコンがお逝きになりました。

たちあがらない。

すぐにリコーを呼びましたが、お手上げとのこと。
水曜日にプロが来るそうですが、
「最悪の事態を覚悟しておいてください。」
と言われましたよ。


人のパソコンは使いづらいですな・・・。









関連記事
食わなくてもよかったんだが・・・




「もうムリです。」
と、嫌がるM君をひっぱり戯拉戯拉へ。
わたくしもキツかったんですが、
目の前にあるのに通り過ぎるわけにもいきません。

食いたかったわけではない。

「つけ麺、自分はつけ麺・・・・。」
とM君。

「うるさい。ラーメン食え。」
勝手に食券機のボタンを押しました。
どうせ酔っ払ってるから分かりゃしません。

極旨らーめん680円。
スープはうまい。

寝かせてギリギリまで熟成させたようなスープ。
以前“えせ家系”と書きましたが、
だいぶ趣が異なってきております。
これはこれでいい感じです。

ただ、やっぱり麺が合いません。
自家製にこだわる事もないと思うんですけどねえ。
つけ麺なら良いかもしれません。



戯拉戯拉
住所 千葉県船橋市本町4-41-29
電話 非公開
営業時間 [月~土]11:00~翌4:00
          [日]11:00~22:30
定休日 無休








関連記事
彼は顔出しOKです





「今日あたり軽く行きますか。」

釣りメインでボート遊びを楽しむM君から飲みのお誘いです。

船名が入ったそうです。
M君号。彼は某一部上場会社勤務です。



“人が壊れていく様”
を記録してみました。
それではご覧下さい。




場所は船橋“鶴長
創業寛永元年という老舗の鰻屋です。
本日はどじょう鍋(まる)。
どじょうはいいよね。


「笑顔も撮ってください!」とM君。
まだまとも。
船橋でもどじょうが食える事を知り、ご機嫌の様子。


鰻の肝焼きも注文。
でかい。
2本あったんですが、
あっとという間にM君が食べてしまいました。
大量の山椒も彼の仕業です。



ふたりで一升ほど呑んだでしょうか。
大分出来上がってきたM君。
気を吐くM君。


・・・・。漫画だよ・・これじゃ。
いい絵。
新橋あたりを彷彿とさせる絵です。



「そろそろ閉店です。」
とのことなので、次へ移動。
“よく行ってる”という店へM君が案内してくれました。
いいねえ。
いい感じ。昭和の匂いがします。
どうやら中国人スナックのようです。


「シャンパン!シャンパン!!」と騒ぐM君。
なんだ・・・この酒・・・。
勿論シャンパンなどではありません。
芋焼酎の味がする、炭酸の入った“何か”です。
(スパークリングワインと言うのもはばかられる酒でした)


この手の店では定番のつまみ。再利用の為か、氷の上にラップが貼ってあります。
ポッキー。  レーズンバター。


焼酎と奇妙な酒を飲み続け、ちょっとお疲れ。
あらあら。
作戦か?


お姉さんのひざにもたれるM君。
ぐったり。
作戦か?



作戦ではないようです。
グロッキー。
太平洋ひとりぼっち。
終了です。
勘定をすませ、店をでました。
(支払いはM君。)



キャバクラ呼び込みのお兄さん(スリランカ出身)
にお願いしてツーショット撮影。
イイ男。
このあと無理やりラーメン店に連れて行った後、
タクシーに乗せて帰しました。
お疲れ様、M君。
そして良いブログネタをありがとう。



近くに行かなきゃいけない店もあったんですが・・・・。
ホントにすいません。矢口さん。



鶴長 仲通り店
TEL 047-422-8335
住所 千葉県船橋市本町4-42-8
営業時間 11:30~14:00 16:30~21:00
定休日 月曜・第3火曜









関連記事
早けりゃエライというものではない





本日はこのようなメールが届きました。


『58号68号』
そんな・・・・。
「売却決定したようです。
 佐世保の米軍が基地の中で通船として使うという話です。」


左が58号、右が68号。68号はジェット船。
確かに2艘ともかなりの老朽船です。
巡航38ノット前後の他の船たちに比べるとスピードも劣ります。

しかし旧式の船はそれぞれ個性があり、
わたくし的にも色々な思い入れがあります。
かつては一日の大半をその上で過ごしておりましたらね。
やはり少しさびしい感じもします。



組長、この先78号まで売っちゃったら
毎日ナガブネで波照間行くんですかね?










関連記事
そばだけでいいや




退去精算担当(管理課)のYジロー、
営業課に異動になりました
早速シャチョさんにつかまっております。

「10辛カレー!」
というシャチョさんに、

「おいしいものがいいです。」
と、やんわり反抗するYジロー。
最終的に秘密会議の店、鳥元になりました。
勿論わたくしも便乗します。


ひと目で決定。
プレミアムって何だ?
親子丼で1250円!!自分の金なら躊躇します。


見た目は普通。
卵もよさげ。
“三大地鶏使用”と書いてありますが、
日によって変わるのでしょうか。
本日は比内地鶏のようです。


焼きとりも一本付いてきます。
多すぎる。
吸い物にも鶏団子。



自分が払うわけではないので、
ぶっかけ蕎麦も頼みました。
人の金で飲み食いするって最高ですよね!
(ただし10辛以外)



炭火串焼・十割そば 鳥元 西船橋店
住所 千葉県船橋市西船4-27-2
西船橋駅前プラザB1
TEL 047-437-3337
営業時間 11:30~13:30
       17:00~23:30
定休日 年中無休






※おまけ

好物のうどんをすするOさん。
たぬきうどん。
昨日の昼です。

「夜もうどんを食べますよ!!」
と威張っておりました。










関連記事
大丈夫なのか・・・オレ・・・・。




“酔っている時はパソコンの前に座らない”

鉄則です。
過去にも何度となく失敗っております。
素面なら絶対に押さない、

『ショッピングカートに入れる』
『1-Clickで今すぐ買う』


などという、あちこちにちりばめられた“悪魔のボタン”
を無意識に押してしまうことがあります。




やっちまいました・・・・・
モノはいい。
PENN スペシャルセネター114H(×2!)


さらに・・・・
なんてことを・・・・
PENN ニューセネター3165RS(×2!!)



モノが届いたのはうれしんですけどね。
支払いの事を考えると喜んでばかりもいられません。
当然、ラインやスナップなども買い揃えねばなりません。

(カツオ釣るのに50ポンドの道具はいらねえだろ・・・・。)
一体何を考えたんでしょうか。
酒は人の気持ちを大きくします。



このバショウカジキが思考回路を狂わせた。
沖縄方言ではバレン。
ギャフとバットも買わないといけません。



竿もリールも(図らずも)入手して、
夏への準備は(思わず)進みましたが・・・
肝心の船を維持していけるかどうか不安です・・・・。
(世間ではこれを“本末転倒”というそうです)










関連記事
毎週こんな天気ならいいのに




石垣島で船に乗ってにいた頃は、
朝から晩まで風とか潮とかの事ばかり考えておりました。
こちらに来てからはそこまで熱心ではないので、
少しボケてしまったのかもしれません。

「明日も雨だしなあ・・・・。」
と書いた翌朝、
・・・・・快晴です。

気温もかなり上がるとの事。
風もありません。

(出航!出航!どこでもいい!!)
急いで船に向いました。


造船場入りしている海保の船を横目に出航。
灯台守か?
巡視艇しおかぜ。


(どこ行くか・・・・。)
早い時間ではないので、遠出はできませんが
せっかくなので近場では面白くない。
帰りの時間も考えて、ばんやに行く事にしました。
東京湾も富津岬を越えると、海の色も匂いも違います。
晴れた日はなおさらです。


珍しくもう一艘来ておりました。
出て正解。
換気の為、開けられる所は全部開けてばんやへ。



当然、生ビール!
最高。
沁みわたります。


あおやぎのかき揚げ。             ヒラメとカレイの2点盛。
これで一人前。  割安感。

ムシカレイの唐揚げ。             サザエの刺身。
でかい。  これはいい!
本日のチョイスはなかなかよかったですよ。


確かに多い。
だそうです。


飲んで食ってお腹いっぱい。
あとは眠気を我慢しながら帰るのみです。
気持ちイイ!
指が映っちまった。




終日暖かく、気持ちの良い1日でした。
やっぱりこうでなくてはいけません。



ばんや
住所 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
電話 0470-55-4844
営業時間 [月・水~金] 10:00~18:00
       [土・日・祝] 9:30~19:00
定休日 火曜日






※デッキにあるシャワーのヘッドを変えてみました。
小作業。

低水圧用。
既製品では若干サイズが合わなかったので、
少し細工しました。バッチリです。









関連記事
全くの内輪話で恐縮です



朝、このようなメールが届きました。


『大ハンマーとひろむちゃん』
保安庁に表彰され、新聞にのりました。


八重山毎日新聞

先日書いた、
「竹富島沖で旅客船炎上沈没、フェリーが全員救助」
の件ですな。


組長!よく考えてみると、
以前に保安庁から表彰されたツネオさんもこのふたりも、
“2千円会”じゃないですか!!
一体どういうことなんですか?


2千円会主幹。天下一の酔っ払い。
ナカダモリシゲ
足で舵をもつ超ベテラン船長です。



注1)【組長】   軍隊式指導で若者に恐れられるナ〇タ船長のこと
          パンチパーマと金のネックレスが似合う海の男。

注2)【2千円会】  ひとり2千円ずつ出し合い、仕事帰りに“さつき”という
            居酒屋で飲む会。主幹・ナカダモリシゲ
            大方のメンバーが、会社から疎まれている。



そういえば、船員会ってまだやってるのかなあ・・・・。








  
関連記事
賢明な判断ではありましたが





まあ、あまり天気が良くないのは分かっていたんですけどね。
せっかくなので出るだけ出てみようかと。

小雨降る中、先週のリベンジで竹岡マリーナへ向かいました。

全く寒くはなかった。
禁煙シールは前オーナーのもの。
今は吸い放題です。


海は静かなんですが、もやがかかっていて
あまり良いコンディションとはいえません。
(どうも楽しくないな・・・。)
などと思いながら第一海堡の手前まで来ると・・・・

富津岬の向こうの空は真っ黒。
ただでさえ視界が悪いのに。
おそらくあの下は大雨が降っているはずです。

(帰ろう!!)
180度旋回。
雨雲に追いかけられるように帰港しました。



少しでも出られたのは良かったんですが、
燃料と上下架台をムダに消費しただけの様な気もします。
明日も雨だしなあ・・・・。











関連記事
やっぱり千葉のラーメンは高すぎる



水道橋からお茶の水と見廻る間、
驚くほど多くのラーメン店を見かけました。
学生街という事もあるのでしょうか、
かなりの店がデフォルト500円の表示。
まさに激戦区といった様相です。

(もうラーメンはいいや。)
などと思っていたわたくしですが、
あるとんこつラーメン店に入ってしまいました。
満腹にもかかわらず。
何故なら・・・・
これはウソです。
(都内一のコクと濃度・・・・)
食わないわけにはいかないでしょう。


見た目は白濁とんこつラーメン。
面妖な・・・・
麺は極細のバリかた。
THE・九州、といった感じですが・・・

「このままじゃうまくないから、
 タレとかコショウとか入れろ。」

と書いてあります。どういうことでしょう。
(紅ショウガは沢山のせました。)

クリーミーではありますが、
コクも濃度もそんなに大したことはありません。
牛乳のようなスープです。

こんな装置が鎮座ましましております。
タイムマシンか?

書いてあるほどのインパクトある一杯ではありませんでしたが、
なんとなく納得してしまうのは“500円”という金額設定だと思います。
しかも替え玉無料(一玉)。
都内の駅前ですから賃料もそれなりでしょうに、大したものです。
あちこちにあるチェーン店のようですが、
近くにあったらまた入ってみるかもしれません。




博多天神 御茶ノ水1号店
電話 03-3219-4555
住所 東京都千代田区神田駿河台2-6-4
定休日 不定休
営業時間 [平日] 11:00 - 23:00
       [土曜日] 11:00 - 27:00
       [日・祝] 11:00 - 27:00






関連記事
ケチつけてばかりではありません




東京まで行って、そのまま帰って来るワケもありません。
講習会場を出て水道橋駅を通り過ぎ、懐かしの岩波ホールを左折。
今度は神田神保町界隈の市中見廻りです。

世界最大級の書店・古書店街として有名なこの街ですが、
飲食店の数も相当なもの。
(何食うかな・・ひひひ・・・。)

大抵の所ではラテン系の店を探すわたくしですが、
(今日はスラブ系だな。ロシアでもありゃ申し分ない。)



聖ニコライのお導きでしょうか。
ほどなくしてロシア料理店を発見。

2階に案内されました。
よさげ。
厨房も2階にあります。


サリョンナヤ カプスタ(キャベツ漬け)    ペリメニ(シベリア風ぎょうざ)
さっぱりめ。  ソースはチーズたっぷり。

ヤズイック(牛舌のクリーム煮)        シャシリーク(グルジア風羊の串焼き)
ボリュームもなかなか。  こりゃうまい。

ロシア産黒ビール・バルティカNo.6      グルジア産ワイン・サペラヴィ
甘い。  これもうまい。

このお店、なかなか旨いものを出します。
実物を現地で食べたわけではないので、
“本物の味”かどうかは分かりませんが
わたくし的には大満足。
酒も“クレオパトラが愛した”といわれる
グルジアワインでご機嫌。

従業員の接客もよろしく、また訪れたい店です。



ニコライ堂も撮っておきましたよ。
不気味。



ろしあ亭
TEL 03-5280-3753
住所 東京都千代田区神田神保町1-13
営業時間 [月~金]11:30~14:30 17:30~22:00
        [土・日]11:30~14:30 17:30~21:00
定休日 祝日







関連記事
見廻りを怠らない男




講習を受けた場所は、
JR水道橋駅と丸の内線本郷3丁目の中間あたり。
坂の入り組んだ、いわゆる“本郷台地”の一角。

かつて本物の火盗改めが市中見廻りしていたこの界隈、
見廻らない訳にはいきません。
昼の休憩時間を利用して歩いてみました。

よく読めねえ・・・
「徳川家康に従って三河から来た者たちがここに移った。」
とあります。

確か“三河町”という地名が神田のあたりにあったはず。
(鬼平犯科帖かなんかに書いてあった記憶があります。)
調べてみたところ、こちらも
「町名の由来は、徳川家康が入府したさいに帯同した
 三河の下級武士がこの地に移り住んだことによる。」
とのこと。(昭和10年、合併により町名は消失)

けっして近くはないんですが・・・。
身分などで住み分けられていたんでしょうか。


時間節約の為、なか卯でミニ牛丼。
飲食店がほとんどない。
50分の休憩ですが、かなり歩きましたよ!
日曜日のせいか、どこの通りも閑散としておりました。


壱岐坂通りを望む。
気持ちのよい日。

周囲には大学などが数多く、
まさに文教地区といった所ですが
一本入るとまだ昔のたたずまいが残る街。
いずれゆっくり歩いてみたいものです。








関連記事
仕事の資格は興味ナシ





ボート関係の人たちには、
「何を今更・・・。」
といったところでしょうか。

規制緩和で取得しやすくなった、
第3級海上特殊無線技士
の講習に行ってきました。

電気・・・。
100円ショップで買った老眼鏡を持参。


9時半から5時までのカンヅメ講習を我慢し、
検定を受ければ国家試験は免除。
(法規20問・無線工学10問。
 多分落ちる人はいない。)

折角お金も払っているので、検定云々より
(講習の内容、全部頭にたたき込む!)
と珍しく前向きに取り組むわたくし。
拷問のような睡魔に耐え、講習を受け切りました。


「明日、連絡が無ければ合格です。」
とのこと。

“連絡が来ないのを待つ”
という妙な気分で本日を過ごしております。









関連記事
また無駄金使った




最近、めっきり寒さに弱くなったわたくし。
昼を食べようと事務所からでると、
(寒い!なんだこりゃ!!)

あまりの寒さに、“もう行かない”
と書いた葦屋に思わず入ってしまいました。
いつもケチをつけてるラーメン店です。


中華そば680円。
うまくない!

さわやかな若者が3名、頑張って働いておりましたが
やはりこれで680円はいけません。


“寒さを我慢できない”という心の弱さが
(分かっているのに)おいしくないラーメンに680円も出す、
という結果を招いてしまいました。 


反省しなくてはなりません・・・。
しないけど。



中華そば 葦屋
住所 千葉県 船橋市西船4-24-5
電話 047-432-1261
定休日 年中無休
営業時間 11:00 - 14:30 
       17:00 - 22:30









関連記事
Oさんの薬を飲んだわけではない





会社の近くに“番屋小屋”という、
どっかで聞いた事のあるような名前の居酒屋があります。

一応チェーン店らしいのですが、ちょいと気の利いた肴があるので
たまに寄ってみることも。
昨日は・・・・


イカのわた焼き。                 アジのなめろう。
うまいよコレ。  わるくないねえ。
下から火で炙っております。          “酢”で食べさせる珍しいタイプ。


そして漁師寿司。
思ったよりまとも。
ヅケに辛子。八丈島スタイル。
明日葉の天ぷらなどもあるようです。


酒は八海山を6合。
ちゃんと覚えているので、
決して酔っていたわけではありません。
(と思います)






家に帰った記憶が無いんですよ・・・。
朝は普通に起きましたけど。



トシのせいですかね・・・・。




漁師料理 番屋小屋 西船橋店
TEL 047-410-2220
住所 千葉県船橋市西船4-12-10 早稲田13時ビル2F
営業時間 [月~木] 17:00~翌1:30
       [金・土] 17:00~2:00
       [日・祝] 18:00~1:30
定休日 年中無休







関連記事
心に余裕ができました




「そうなっちゃった。」
と思っていたことが、実は
「そうじゃなかった。」

ということが昨日判明。
自分の思いこみと杜撰さにはあきれるばかりですが、
人生には珍しくプラスの勘違い。

たまにはイイこともあるものです。









関連記事
彼にブログを書かせたい





「Oさん、寒いから暖かいモンでも食いに行こうよ。」

「いちげん!」

(またか・・・・。)
やむを得ません。


味噌汁をすすりながら不敵に微笑むOさん。
素顔出したい。
「微笑みが分からなくなるから、そのまま出していい?」
「絶対ダメです!!」

どうやら世間に顔をさらせない事情があるようです。


わたくしはカツ3種盛り定食。
ちょっと焦げてる。
メンチカツ・チキンカツ・ロースカツ。


見た事のないソースがついてきました。
安いのかな。
製造は名古屋とあります。

「Oさん、これ見た事ある?」

「愛媛にはありません!
 最近は考える力がなくなる薬の量を減らしました!!」


(・・・?それって考える力はあるって事だよな・・・。)
っていうか、それ以前にその“薬”って何??

「もう豆腐は食べてません!なくなったからです。」

本日も全く意味不明な男。
一切、誇張表現はしておりません。

「子供のケンカしますよ!!」


何なんだ・・・一体・・・・。



食彩厨房 いちげん 西船橋店
住所 千葉県船橋市西船4-11-11
電話 047-431-3390
営業時間 24時間営業
定休日 年中無休








関連記事
イカレ内装業者・N氏へ




鬼高P.A(下り)には、
このようなイチオシ商品があります。

まさに鬼。

“マカ・ガラナエキス・ローヤルゼリー配合”

とあります。
どうでしょうか。







関連記事
今日の鬼高P.A




全くお腹はすいていなかったのですが、
義務感だけで鬼高P.Aに寄るわたくし。
下りです。


“人気NO1!”と書かれている生姜焼き定食。
悪くはないんだが。
750円はちょっと高い。

“全てが上りより上等か?”と思われた鬼高下りですが、
豚の辛みそ焼き定食にだけは及ばなかったようです。
使用している豚肉も全く別物。
値段も680円ですから、CPも勝負になりません。



ちょっと嬉しい様な気分なのは何故でしょう・・・。










関連記事
危機一髪でした



昨日の南西の風は穏やかな北風に変わり、
全く静かな東京湾。
(こりゃイイや。マグロ食いに三崎でも行くか。)
などと思いながら船を走らせておりました。

ところが木更津の手前あたりで空腹感。
例によって大潮・最干潮の出航を避けるため、
鬼高P.Aにもコンビニにも寄らなかったせいです。

(わざわざ遠出することもないな・・・・。)
第2海堡に向けていた進路を変更。
横浜ベイサイドマリーナへ向かう事にしました。



到着。
よい施設。
必ず自船の写真を撮るわたくし。
ナルシスチックな感じがします。


着岸の際、ちょっとした事件がありました。
ゆっくりと桟橋に船を着けようとしたその時、
(今日も完璧な着岸だ。)
などとひとりで悦に入っていると・・・

ビジターバースで大きく手を振って迎えてくれたYBMスタッフ、
突然わたくしの視界から消えてしまいました。
落水です。
クラッチは抜いておりましたが、船は桟橋に着く寸前。
(挟まれる!!)
幸いフェンダーの隙間にうまくおさまったようです。
こちらがホッとしていると、
「後ろでキメますね!」
すぐに上がってきて何事もなかった様にロープを縛っております。
びしょ濡れで。
「大丈夫ですか?血、出てますよ。」
というわたくしに、
「大丈夫です。すいません。」
と手すりについた血をハンカチで拭き取るスタッフの人。

自分の怪我より、船に血をつけた事を謝っております。
そんな事どうでもいいのに。
真摯な態度にちょっと感動しましたよ。
大事には至らずひと安心です。
(さすがのわたくしも写真は撮れませんでした・・・)


金払った証。
手続きを済ませ、↑これを船にぺタッと貼って上陸。

(さっきの人、風邪ひかないかなあ・・・)
などと思いつつ三井アウトレットモールへ。
本日は中華のロンにすぐ決定。
紹興酒が飲みたかったからです。


まずはビール。
このグラス欲しい。
この一杯の為に出航するようなもんです。
(海上保○庁関係の方、冗談ですよ。冗談!)



くらげの冷製。                  春巻。
こりゃダメ。  これだけでいいや。

いまいち。  つまみとしては良い。
豚フィレ肉の黒胡椒なんとか。         酸辣麺(サンラーメン)。



そして老酒熱燗。
うまい!
冗談ですよ。冗談。




本日も大満足。横浜経由で無事帰港。
寒そうでしょ。
レインボーブリッジ。
(レインボーではなくベイでした・・・。)



あのスタッフの人には、
いずれ差し入れを持っていかねばなりません。




横浜ベイサイドマリーナ
住所 神奈川県横浜市金沢区白帆1
電話 045-776-7590
定休日 火曜日

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
住所 神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
電話 045-775-4446
営業時間 10:00~20:00 

ロン
住所 神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
横浜ベイサイド シーポートレストランツ 1F
電話 045-770-5239
営業時間 11:30~15:00 17:30~21:30
定休日 不定休








関連記事
出られただけでも満足




満を持して、2週間半ぶりの出航。
気温も20度くらいまで上がるとの事だったので
フライブリッジでウキウキしながら旧江戸川を下りました。
ところが三枚州を過ぎ、ディズニーランド沖に出ると・・・・

湾奥では経験のない波の立ちかた。
南西からの風も相当吹いております。

火曜日だったので竹岡マリーナへ行こうと思っていたのですが、
風の塔までも行くことなく断念。
予想以上に寒かったのでそのまま引き返してきました。


釣り船も結構残ってます。
既得権益。
旧江戸川、浦安付近は工事中。(木の杭入れてる)


釣り具屋とかホームセンター回って帰りました。
まあこんな日もあります。

明日に続く。













関連記事
こんな天気じゃ気も滅入る




何を食ったか書いておかないと、
「仕事しないで船乗ってる」
などと因縁をつけてくる輩がいるので一応。
面倒くさいなあ・・・。


鴨せいろ。出前。
まあまあか・・・
刻みねぎは後から入れました。


カツカレーを頼んだT井課長、

「カレー食べるなら10辛食べろ!!」

と、意味不明の罵声をシャチョさんに浴びせられておりました。
厄介な会社です・・・・。





味の蕎麦処 三松
住所 千葉県船橋市山野町86-1藤田コーポ101
電話 047-431-1818
定休日 木曜日
営業時間 月~土 11:00~2:30 5:00~11:00
         日祝 11:00~2:30 5:00~9:00

※平成22年春に西船橋北口に戻る予定でしたが
諸事情により当面南口での営業を続けていく事となりました。

だそうです。(HPより)







関連記事
心ここにあらず





最近はラーメンに対する興味を失いつつあるわたくし。
定食ものが食べたかったんですが、ムリしてラーメン食べてきました。
人は何故、無理をしてまでラーメンを食べるのでしょう。


安心。
麺屋あらき竈の番人外伝・らー麺あっさり680円。


吉野家の牛丼が270円で食べられる時代に、
倍以上の金をとるラーメン店たち。
西船橋で値段相応なのはこの店だけです。
(好みはともかくとして)



腹ごなしの市中見廻りの途中、
京成西船駅のホームを撮影。
鉄道ブームだそうなので。
全く意味はない。


暖かくて風もない日曜日。
沢山の人が船出してるんだろうなあ。
仕事なんかしてる場合じゃないよなあ・・・。



麺屋あらき 竈の番人外伝
住所 千葉県船橋市西船5-3-10
電話番号 047-332-5593
営業時間 11:30~15:00/17:00~22:30
       土日祝11:30~22:30
定休日 無







関連記事
離婚野郎ども、満足したかい?





昨晩は“独身中年が顔を突き合わせて肉を食う”という企画。
肉といったら加賀しかありません。

『営業時間 17:30~22:00 』
一応そうなってるようなんですが、
行くたびに時間を忘れて1時とか2時とか。
膝の悪いチーフにはいつもご迷惑をおかけしております。

(今日は早く帰らねば。)
きちんと意識して行ったにもかかわらず、
結局店を出たのは2時半くらい。


絶品ステーキ。最高。
うまい!!

相変わらず何を食っても旨い。
また飲み過ぎてしまいました。




ちゃんこ 加賀
住所 千葉県船橋市湊町3-5-10
TEL 047-433-0616
営業時間 17:30~22:00
定休日 不定休








関連記事
21st Century Schizoid Man




「Oさん、駅にそばでも食いに行こうか。」

「いちげん!!」



恐ろしいので黙って従いました。
最近、ひとりごとも多いOさん。
刺激しない方が良いでしょう。



“とんぺい焼き”を前に、不敵に微笑むOさん。
おかしなひと。
(とんぺい焼きってなんだ??)

調べてみました。

とん平焼き
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とん平焼き(とんぺいやき)は、鉄板焼きの一種。
関西のお好み焼き屋などに多い。
色々と種類があり具材や細かな作り方も異なるが、
代表的なものは卵と豚のバラ肉で作ったもので、
豚肉を焼いたあと溶き卵を混ぜ合わせソース・あおのり・鰹節をかける。
他に千切りキャベツやネギを混ぜ合わせたものや、
オムレツに似ているものもある。


と、あります。
関西では一般的な食べ物のようです。


“とんぺい焼き”に箸を入れ、不敵に微笑むOさん。
こわいよ、このひと。
珍しくご機嫌のようです。


わたくしは焼きそばにしました。
あぶらまみれ。
昼メシというよりは、
お祭りに来たかのようなふたりのチョイス。


「とんぺい焼きはキャベツ!愛媛にはありません!!」


Oさん・・本当に何を言っているのか分からないよ・・・・。




食彩厨房 いちげん 西船橋店
住所 千葉県船橋市西船4-11-11
電話 047-431-3390
営業時間 24時間営業
定休日 年中無休







関連記事
『5』以上なら遠慮します




「カレーは体にイイんだよ!
 イチローも毎日食べてるんだ!!」


とシャチョさん。
なんとかのひとつ覚えとはよく言ったものです。
強制的にCoCo壱番屋に連れて行かれるわたくしとOさん。

「私より下の辛さと福神漬けは禁止!」

といいながら5辛を注文。
大変な会社で働いていることを改めて実感。



“期間限定”に踊らされるわたくし。あさりとトマトのカレー。
いろどりよし。
ホームページではこのような写真。


ホンモノはこちら。JAROに通報してやりたい。
違うじゃねーか。
もちろん5辛。


見た目はこんなですが、意外とうまい。
トマトの酸味が辛さとマッチしております。
あさりもしっかりと歯ごたえがあり、結構な存在感。
ただやっぱりちょっと量が多いかな。


わたくしはいいんですが、辛いものが苦手のOさん。
「10辛よりはマシです。」
といいながら半ベソ顔。
(豚しゃぶカレーなるものを食べてました。)



「私は水も飲んでない!
 これから1づつランクを上げるんだ!」


と吠えるシャチョさん。
まだ“お迎え”は来そうにありません・・・。




カレーハウス CoCo壱番屋 JR西船橋駅北口店 
住所 千葉県船橋市西船4-21-16 
電話番号 047-495-5521
営業時間 11:00~1:00








関連記事
高級店は性に合わない男




船を出せない休日というのは実に退屈。
DVD観たり本読んだりすると、酒を飲んでしまうので不健康。
(何かグッドな企画はないもんか・・・・)
などと朝から考えてもラーメン食いに行くぐらいしか
思いつきません。


そんな昨日のことです。

こりゃいいや。
ありました。グッドな企画。
花見が出来て、昼から通しで飲める焼肉店。
(結局飲む企画しか思いつかない。)

座ったテーブルの目の前に桜の花。
寒くもないし、買い出しも不要。
休憩がないので追い出されることもありません。


米焼酎とキムチ盛り合わせ。家では泡盛なので、つい米の酒を選んでしまいます。
知らん。  甘い。

センマイ刺し。                  タン塩。
細切り。  イマイチ。

カルビとロース。                 ちょっといいカルビ。
見た目かわらねえ。  一切れで十分。

  
モノはいいんでしょうけど、高級和牛が苦手なわたくし。
アブラの多さに数切れで飽きてしまいました。
タンも値段のわりには大したことはありません。
テグタン頼んで、それをつまみに飲みました。
やっぱり高級和牛の店には“下カルビ”が必要ですな。

船橋界隈ではやまとと並んで人気のお店でしたが、
また行くとしたら、桜の咲く来年のこの時期になると思います。
もっと安くてうまい店はありますからねえ・・・・。




美福苑 船橋店
TEL 047-477-5641
住所 千葉県船橋市中野木1-5-1
営業時間 11:00~23:00
定休日 年中無休(但し年末31日と年始1日は休業)








関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。