狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

生きざま

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

We know the town!

船橋市・西船橋エリアの不動産賃貸・売買情報 十河株式会社 船橋市・西船橋エリアの不動産賃貸・売買情報 十河株式会社

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

もう夏は終わってしまったのか?



どうも。

相変わらず、かき揚げ蕎麦ばかり食べ、
毎日酒を飲み、フネもブログも怠けている者です。
仕事はしています。


出前。
タンメン


東船橋の変な店。
チャーシューメン


出前。
味噌ラーメン


出前。
ネギ味噌ラーメン


気に入っている。
ザボンラーメン


最近機嫌が良い。
とんぺい焼きを手に、
不敵な笑みを浮かべながら
わたくしを睨みつけるOさん。



それではまた。








関連記事
秋の好日

もう先週の火曜になりますが、
「ただプカプカする企画」
ということで海に出ております。

好天。
まだ川です。


浦安橋。
釣り船全船出港済み。
まだ川です。


ネズミーリゾート沖で釣り糸を垂らし、
飲み食いしながら終日プカプカ。
天気も最高、海もベタベタで、
心豊かな一日を過ごすことが出来ましたよ。

初挑戦。
暇つぶしにルアーをキャストするあさミさん。
向こうに見えるのはネズミーシーのプロメテウス火山です。



・・・魚?
そんなもの東京湾にいるわけないじゃないですか。









関連記事
原点回帰か


どうも。

ここ最近すっかりラーメンへの興味を無くし、
かき揚げ蕎麦ばかり食べている者です。

たまに食べる機会があっても・・・
本当に妙な食い物だ。
カレーそばだったり、

確か有楽町だったような。
店の場所も名前も全く覚えていなかったり、

充電切れ。あさミさんのスマホを借りました。
マズいと分かっているチェーン店に入ったり、

出前。
タンメンを食ったり。




人生の転換期にいるのは間違いありません。







関連記事
呑めば海路の日和あり(その3)


他の方々より1日早い最終日です。
帰路をダラダラと引っ張って、
波浮で昼メシを食おうという企画で6時出港。
この日も朝からハイテンションなわたくしでしたが・・・

何しにきたんだい。
船酔いだか二日酔いだか知りませんがね、
とにかく眠り続けるとんぺい焼きOさん。

シス。ダークサイド。
あさミさんまで寝ていますよ。根性ナシが。

と、まあそんなこんなで波浮港へ到着。
ヨットだらけ。

お盆のせいか何も言われなかった。
漁協の前にフネを着けましたよ。

久々に西川(港鮨)へ顔を出しましたが、
この日は予約でいっぱいとのこと。
来られるのはせいぜい年数回なので大変残念です。

となると選択肢はひとつしかありません。
弱った胃腸に堪えます。
鵜飼商店の揚げ物地獄。
コロッケ、串カツ、チキンにロースカツ、ヒレカツ・・・
酒で弱った胃腸にはまさに地獄。


・・・そうして腹ごしらえもすませ、
ここから先はマリーナに向けて帰るのみです。
そしてわたくしは断言します。

「神津島から大島の間に、魚は1匹もいない!!」

皆様も十分ご注意ください。
それではいずれまたお会いしましょう。








関連記事
呑めば海路の日和あり(その2)


多くの釣果を耳にする三宅三本。
(三宅島の西にある三本岳周辺のポイント)
朝からテンションが上がります。
天気も上々。

・・・・・が。
センスゼロ。
どいつもこいつも寝てやがります。
大体なんですかね、この不愉快なシマシマ。

魚はいない。
9時半くらいまで引っ張ってみましたが、かすりもしません。


と、いうことでとっとと港に戻り、
栄えている集落へ行ってみることにしました。
※バスで10分くらい、バス代は200円です。
ひと山こえる。
右の赤丸が我々のいる港。
左の赤丸が栄えている方の港。

実はこの前日、ジェネレーターが故障しております。
なのでスマホは充電切れ。
他船に預けて出かけましたので、
この日この後の写真は一切ありません・・・。

軽く市中を見廻り、
詐欺のような寿司屋で盛若を1本空け、
酒と氷を大量に仕入れて
タクシーでフネに戻りましたよ。
当然、この夜も延々と飲み続けます。



更につづく。








関連記事