狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

We know the town!

船橋市・西船橋エリアの不動産賃貸・売買情報 十河株式会社 船橋市・西船橋エリアの不動産賃貸・売買情報 十河株式会社

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

近場で良かったの巻


ここんとこ恒例の先乗りで味楽苑。

清潔極まりない。

旨い。
腹が裂けんばかりに飲み食いし、
ネーフーに戻ってカラオケ三昧。
飲みすぎでバッチリ熟睡しましたよ。


・・・いつものようにあまり爽やかではない朝を迎え、
この日はYBMで紹興酒を飲る企画です。

東京寄りを通ると出てくるシーバース。
海は静か。

パヤオですな。
川崎、横浜界隈にいくつかあるようですが、
あまり通らないのでどれがどれだか分かりません。
魚は居そうな感じです。

と、ここでトラブル発生。
右のオイル警報が、けたたましく鳴りだしました。
こいつはたまに鳴ることもあるんですが、
今回は何をどうしても鳴りやみません。
やむなくエンジンを止め、
左のみの片肺でYBMへ。
のんびり走行。
無事到着。
大島からの14時間を考えたら楽なものです。

早速点検。
ビルジもひどい。
いくらオイルを入れても入れても入れても入れても入れても、
レベルゲージにオイルが付着しません。
(ダダ漏れかよ・・・。)


あきらめました。


ということでロン。
2本ずつ違う春巻き。

あまりのんびりもしていられないので、
紹興酒は1本のみで帰路につきました。
海況はいいんだけどねえ。

暗い!!
東京ディズニーランドホテル。
横浜から3時間半もかかりましたよ。


・・・ジェネレータが直ったと思ったら
今度は右エンジン。
左も黒煙吹いてるんですよねえ・・・。


ネーフー遊びは退屈することがありません。




よこはま・かなざわ海の駅
TEL 045-776-7599
住所 神奈川県横浜市金沢区白帆1
N 35° 22.809´ E 139° 38.871´

LONG
TEL 045-770-5239
住所 神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
    横浜ベイサイド シーポートレストランツ 1F
営業時間 11:30~15:00 17:30~21:30
定休日 不定休





関連記事
作業



久々タンク。


タンメン。


いちげん。相変わらずマズい。


麺小屋。塩。


珍來。塩。


萬来軒。塩。


増田家。やっぱりマズい。




おまけ。
そばはいいね。



それではまた。







関連記事
良い経験


予報も天気図もアテにはなりません。
この日は想定を超える海況でした。
何度MICSを確認しても、
現況と風の様子が全く異なります。
(うひー!堪えられねえ・・・。)

追い波でスピードも出ないので、
どんぶらこどんぶらこと波浮港到着。
疲れましたよ。
グッタリです。

暗くなるまで一休みして、
実に1年3か月ぶりの港鮨(旧西川)。
お楽しみ。

定番の地魚にぎりと、
全部違う魚。

漬物盛り合わせ(メニューにはありません)
見事。
あと色々。

大変愉快な夜を過ごし、
翌朝は早くからの出撃です。



・・・・・予報も天気図もアテにはなりません。
この日は想定を(遥かに)超える海況でした。
何度MICSを確認しても、
現況と風の様子が全く異なります。
雨まで降ってきました。
(これは・・・修行だな・・・。)

という状況でもあさミさんに舵を任せ、
竿をセットし魚を釣ろうとするバカ。
船酔いして何度もゲロ吐きましたよ。

近づくと怖い。
潜水艦のカッコ良さは異常。


それにしても何がすごいかってね、あさミさんですよ。
フライブリッジで寒風と雨にさらされながら、
かなりシケた外洋を5時間も操船した心意気はあっぱれ。
「シケている時は、下での操船だと波が見えづらい」
などと一丁前の事を言うようにもなりました。
(惚れ直しましたよ。)


※当然の事ながら、大島・館山間に魚はいません。



港鮨
TEL 04992-4-0002
住所 東京都大島町波浮港1
営業時間 11:30~14:00 17:00~21:00
定休日 火曜日






関連記事
今日も行きたい


(どうせ出航するなら・・・。)

前夜に先乗りして、
また味楽苑に向かいました。
やってた!
どうにもここの味が忘れられません。

大変清潔。
建物は古いですが、どこもピカピカ。
狂ったような掃除好きがいるようです(ヒロシ)。

最高です。
決して良い肉を使っている訳ではありません。
きっつけも盛り付けもいい加減。
しかしながら、
もう他の焼肉屋に行く気が起きません。
良い店を見つけたものです。

これは並みのデキ。
テグタンスープ。

帰りに竹寿しの開店も確認しておきましたよ。
客が入っているようでした。
引っ越してこようかな・・・。


良い心もちでフネに戻り、
新兵器を片手に飲み直し。
こちら。
曲が少ないので追加しました。

使い勝手は中々良いです。
ジェネレーターの修理も終わり、電気使い放題。


翌日はのんびりと伊豆大島へ向かいます。





関連記事
前回の続き



・・・休みの味楽苑を後にし、
向かった先はこちら。

謎の店。
前回、見廻った時に目をつけていました。

「江戸前 竹寿し」
というあきらかな寿司屋な店名に、
「洋食」
と、つけ加えられています。ふふふ・・・。

ガラスケースを覗いてみると、
ヒドい。
上段左から
・ハンバーグ、エビフライ、ポークソテー
・ちらし寿司、にぎり、刺し盛り
・ロースカツ、カツカレー、ラーメン、カツ丼
となっております。

(ラーメン・・・)
こんな寿司屋、沖縄本島以外では見たことがありません。
入ってみるしかありません。

相当古い。
古民家のような店内。カウンターは掘り炬燵式です。

メニューを見てみると、
仕入れと仕込みが大変そう。
洋食、飯物、中華、寿司とあります。
華麗で魅惑の品揃えと言わざるを得ません。

そしてその中から厳選チョイスしたのがこちら。
ピンボケ。
ビーフシチュー

つまみサイズに切ってある。
ヒレカツ

懐かしい味。
上にぎり

自家製ではなさそう。
漬物

梅しそ巻です。
そして巻き物

これらをアテに焼酎をちびちび。
何が素晴らしいかって、
いつまでたっても客が一人も入ってこないところです。

1本空けて店を出ましたが、
最後まで客が来ることはありませんでした。
(味楽苑ですら一人はいたのに!)


・・・カレーライスを出すそば屋もあるでしょう。
カツ丼を出す中華屋だってあります。
しかし!
みそラーメンやタンシチューを出す寿司屋は初めてです。
なんとも奇妙な店を開拓しましたよ。
篠崎新町商店街周辺、侮れません。





※ちょっと気になってチェックしてみたところ、
 「ハイソでセレブなグルメブログ」であるにも関わらず
 「飲み食いとか」というカテゴリはもう1年も書いておりません。
 今回も「海とか船とか」です。海も船も出てきませんが。
 まあどうでもいいんですけどね。





関連記事