狂犬使いのダラダラ。
飲んだり食ったりケチつけたり。たまに犬と船。
プロフィール

lukidog

Author:lukidog
狂犬どもよ!忠誠を誓え!!

ヒマ人の数

カテゴリ

漢の足跡

便利な世の中だ

リンク

このブログをリンクに追加する

生きざま

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

We know the town!

船橋市・西船橋エリアの不動産賃貸・売買情報 十河株式会社 船橋市・西船橋エリアの不動産賃貸・売買情報 十河株式会社

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コンゴトモヨロシク・・・・

現在時刻

総記事数:

葡萄牙語でダラダラ。

呑めば海路の日和あり(その3)


他の方々より1日早い最終日です。
帰路をダラダラと引っ張って、
波浮で昼メシを食おうという企画で6時出港。
この日も朝からハイテンションなわたくしでしたが・・・

何しにきたんだい。
船酔いだか二日酔いだか知りませんがね、
とにかく眠り続けるとんぺい焼きOさん。

シス。ダークサイド。
あさミさんまで寝ていますよ。根性ナシが。

と、まあそんなこんなで波浮港へ到着。
ヨットだらけ。

お盆のせいか何も言われなかった。
漁協の前にフネを着けましたよ。

久々に西川(港鮨)へ顔を出しましたが、
この日は予約でいっぱいとのこと。
来られるのはせいぜい年数回なので大変残念です。

となると選択肢はひとつしかありません。
弱った胃腸に堪えます。
鵜飼商店の揚げ物地獄。
コロッケ、串カツ、チキンにロースカツ、ヒレカツ・・・
酒で弱った胃腸にはまさに地獄。


・・・そうして腹ごしらえもすませ、
ここから先はマリーナに向けて帰るのみです。
そしてわたくしは断言します。

「神津島から大島の間に、魚は1匹もいない!!」

皆様も十分ご注意ください。
それではいずれまたお会いしましょう。








関連記事
呑めば海路の日和あり(その2)


多くの釣果を耳にする三宅三本。
(三宅島の西にある三本岳周辺のポイント)
朝からテンションが上がります。
天気も上々。

・・・・・が。
センスゼロ。
どいつもこいつも寝てやがります。
大体なんですかね、この不愉快なシマシマ。

魚はいない。
9時半くらいまで引っ張ってみましたが、かすりもしません。


と、いうことでとっとと港に戻り、
栄えている集落へ行ってみることにしました。
※バスで10分くらい、バス代は200円です。
ひと山こえる。
右の赤丸が我々のいる港。
左の赤丸が栄えている方の港。

実はこの前日、ジェネレーターが故障しております。
なのでスマホは充電切れ。
他船に預けて出かけましたので、
この日この後の写真は一切ありません・・・。

軽く市中を見廻り、
詐欺のような寿司屋で盛若を1本空け、
酒と氷を大量に仕入れて
タクシーでフネに戻りましたよ。
当然、この夜も延々と飲み続けます。



更につづく。








関連記事
呑めば海路の日和あり(その1)


毎年お誘いを受けていた
「神津島合同クルージング」
やっと参加することができました。
伊豆7島は新島までしか行ったことがないので
新しい寄港地を覚える良い機会です。

パクリ画像。


当日は4時出港ということで、
先乗りで前夜のうちにフネに向かうと・・・
もうすでに皆さん出来上がっていました。
結局2時半まで宴は続く事となりましたよ。
皆さんタフですな。

7時くらい。
給油のため館山港へ到着。(左が自艇)

どんより。

コンビニ行った。


そして出撃。
一番遅い。

どこの島か覚えていない。

あっという間でした。
無事到着。

5?6?艇が参加しています。
「神津島 多幸湾 三浦漁港」だそうです。
今回は他人任せで全く下調べをしておりません。

朝も早かったせいか、
たいして飲んでもいないくせに
この時点でぐったりする同乗者たち。
たいして飲んでもいないくせに。

容赦はしません。
船酔い3人衆。
たいして飲んでもいない役立たずのオッサン3人。
左端はお馴染みの「とんぺい焼きOさん」です。

たいして飲んでいない3人と、
ジンギスカンを仕切る北海道人・あさミさん。
飲めコラ。

漁港で泳いではいけません。
水きれい。


この日も深夜まで延々と飲み続け、
翌日は5時出航。(無駄なリーツー修行の為)、
三宅三本へ向かいます。


つづく。







関連記事
黙々と粛々と



のびてる。


ねぎとんこつ。


ぎたぎたやくみ。


かわったあじでした。


ちゃーしゅーぶあつい。


たんめんはらーめんではない。


あさひかわ。







関連記事
水着のネーちゃんを連れてこい



今回はこれまで最多、
5人のクズ野郎どもを乗せての出航となりました。
人が多いと写真も多いので厄介ですな。
しかもわたくしが忌み嫌う「身内だけで盛り上がってる感」満載です。
とりあえず、軌跡をたどってみましょう。

乗れるもんだ。
出港は8時。FBに6人までは余裕で乗れる事が分かりました。

皆デブ。
向かう先は恒例のばんや(きょなん・ほた海の駅)。

すでに泥酔者多数。
無事到着。

大してうまい店ではない。

頭のオカシイ人たち。
似合わないサングラスの男は、とんぺい焼きOさん。

一切れも食ってない。
金目刺し。

一切れしか食ってない。
「4千円ですけどいいですか。」と言われたイカ刺し。

箸もつけていない。
金目煮つけ。

何か色々と注文していましたよ。
わたくしはサワラフライとかき揚げの欠片くらいしか食べていませんが。


モチロンこれで終わるわけもなく、
おどやで食材を買い出しして・・・
泥酔者たち。

ここでも食べていません。
デッキで飲み直し。

まともなふたり。
インチキホストとあさミさん。

トランサムステップに座っている2名は・・・
飲め。

               

まあしょうがない。

漁港で泳いではいけません。


と、まあそんなこんなで帰路についたんですけどね、
パラダイス。
終了する青年。

熱中症。
こちらもスポーツドリンクを傍らに、ぐったりしております。

飲みすぎ。
キャビンではガラの悪い人がインチキホストを説教。


疲れました。

あさミさん撮影。
Oさん(左)は酔っ払いながらも最後まで元気でした。




・・・・・モザイク入れるだけで一苦労ですよ。
オチもありません。あー疲れた。
誰か代わりに書けばいいのに。



きょなん・ほた海の駅
住所 千葉県安房郡鋸南町吉浜99番地5
TEL ばんや:0470-55-4844  ばんやの湯:0470-50-1126 
N 35° 7.882´ E 139° 50.267´







関連記事